スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.01.11_アクアテラス錦ヶ丘②熱帯魚

前回に続きアクアテラス錦ヶ丘。

それほど大きな水槽がないということもあり、
展示されているのは、いわゆる「熱帯魚」がメインでした。

水槽にもよるものの、状態よく飼われた個体も多く、
それなりに種類も充実していて、ふだん家で飼育したり熱帯魚屋で見るような魚を
じっくり観察するには、なかなかオススメだと思いました。


DSC_1458.jpg

アフリカの淡水フグ、テトラオドン・ミウルス。
ひょっとこのような表情が可愛いです。
黄色みの強い、美しい個体。

砂によく潜るので、潜っても肌が傷つかないように細かい田砂を敷いているのも、
きちんと飼育されているなぁ、とポイント高し。


DSC_1456.jpg

歯をむき出して「あくび」の表情。


DSC_1469.jpg

こちら、熱帯魚の王道・ネオンテトラ。
水草の茂る水槽で飼育されていました。
ただ、尾びれがずいぶんボロボロに。


なぜかなと思って観察していたら、謎が解けました。
写真でお分かりいただけただろうか?

DSC_1461.jpg

ネオンテトラにピントが合っているので分かりづらいのですが、
右後方、黄色っぽい影は、小さな淡水フグの1種、アベニー・パファー。

大きさは3cmほどでとても可愛い淡水フグなのですが、
鋭い歯で他の魚のヒレを食べる習性を持っています。
なので、ネオンテトラの尾びれがボロボロだったのですね。

ヒレを食べる習性の魚は「フィン・イーター」と言ってけっこう種類がいるのですが、
その習性を考慮してあえてネオンテトラを泳がせているのか、
あるいは単純に知らなくてそうしているのか、ちょっと微妙なところですな。


スポンサーサイト

2016.01.11_アクアテラス錦ヶ丘①

仙台に最近できた水族館、といえば、仙台港の「仙台うみの杜水族館」が思い浮かぶかと思うけれど、
その裏でこっそり(?)別の水族館が仙台市内にオープンしている。

それが、錦ヶ丘のショッピングモール内にオープンした「アクアテラス錦ヶ丘」。
HP:http://aquaterrace.co.jp/

「うみの杜」のほうは八景島系列で、規模も大きくて、いわゆる「正統派」な水族館なのに対し、
「錦ヶ丘」は規模も小さく、熱帯魚が中心とのことで、事前の話ではなかなか賛否両論だった。

まぁ、自分も昔、「規模が小さくて熱帯魚中心」な水族館でバイトしてたりしたので、
どうしても判官びいきというか、こういう小ぢんまりした水族館に肩入れしてしまうのだが。
果たして、どんなところか、ドキドキしながら足を運んでみた。


DSC_1495.jpg

館内マップはこんな感じ。
タッチプール等もあるものの、大きくは
「ジャングルゾーン」と「ファンタジーゾーン」に分かれる。
「爬虫類ゾーン」も、それなりに広く、力を入れている様子。


生体の写真は次回として、まずは雰囲気が伝わる写真を何枚か。
「ファンタジーゾーン」という名前のとおり、装飾にこだわった水槽が多く、
良くも悪くも「雰囲気重視」のコンセプトを貫いている。


DSC_1472.jpg

DSC_1475.jpg

額縁を模した、絵画風の水槽が並ぶ。



DSC_1487.jpg

館内後半には、照明を効果的に使ったおおきな球形水槽が。
中にはエンゼルフィッシュが大量に飼育されている。
下の池には、ニシキゴイ。

DSC_1485.jpg

こういう水槽を見るたびに「掃除がしにくそうだなぁ」と
天邪鬼な感想を抱いてしまうヒネクレたマニアでごめんなさい。

実はこの球形水槽の対面はレストランになっていて、
水槽を眺め池の水音を聴きながら、食事ができるようになっている。
パンフレットいわく、結婚式やパーティにも対応しているとか。


昨今流行りの「生態展示」「環境型展示」という要素はあまりなく、
いわゆる「生き物好き」な人からすると物足りない・否定的な内容だろうなとも思いつつ、
元々がショッピングモールの中の水族館ということを考えると、
デートスポットや買い物の間に子どもを遊ばせたり、という目的ならば、
これはこれで悪くないのかな、とも思います。

フトアゴ始めました。

引越しやらなんやらで、すっかり更新が途切れてました。。。
ここ半年、珍しく、自分にしてはけっこういい頻度で水族館行けてたんだけどなあ。。。
写真撮りまくっては、整理する時間がなくなるという悪循環。。。


あ、それで、引越しを機にペットが増えました。
フトアゴヒゲトカゲ。

前々から飼いたいと思っていて、使っていない75cm水槽が眠っているのを引越しで発見し、
行きつけのショップで、ついに購入に踏み切ってしまった。
(アクアファーストさん、いつもいつも有難うございます!)


DSC_2085.jpg

綺麗な赤系の個体。
特に品種にはこだわっていないけれど、背中の肌感からすると
レザーバックの血も入っているのかな。

10匹くらいまとまって入荷していたのを、ずーっと横目で眺めつつ、
売れ残ったラスト1匹がいい具合に育ったところで、ここぞとばかりに購入。
常連客の成せる技である(笑)。

たまたま彼女同伴でショップに行った日だったので、
渋る相手に30分交渉しつつ、店長からもアシストされ、
フトアゴくんもよく慣れていて愛嬌をふりまき、
最後はたまたま来店した別の親子連れが「これ飼ってみたいねぇ」
と興味を示したのが焦りを誘い、ダメ押しになりました(笑)


DSC_2075.jpg

ガラス越しに大好物のコオロギを見せると、このとおり。
レオパとは違って、カメレオンのように舌を伸ばして捕食するスタイルですね。
頭がいいのか目や耳がいいのか、今ではエサのコオロギを買って帰宅するだけで
気配を察知して、そわそわしてくれます。

お迎えした当初は、ヒーターの容量が足りなくて寒くてプルプル震えたり、
食べすぎで消化不良を起こして、朝になって大量に吐き戻したりしていて、
本気で死んでしまうのではないかとオロオロうろたえたりもしましたが。。。

何十年と生物飼育を続けていても、初めて飼う生体というのは、
やっぱり分からないことだらけで、興味が尽きません。
飼おうとする生体のことをしっかり調べて、準備して、
飼育開始したらよく観察して、どう世話したらいいのかを試行錯誤する。

基本は、これに尽きるなぁと思います。


DSC_2079.jpg

DSC_2082.jpg

フトアゴは野菜も食べるのですが、ほっとくと大好物の虫エサばかり食べてしまうので、
栄養バランスを考えて「ロールキャベツ」状態にしてみたところ、、、
器用に、中に挟んだコオロギだけを食べやがった!!


DSC_2069.jpg

めっちゃドヤ顔。。。

外来生物法 特定外来生物の新規指定について、パブリック・コメントを送ってみる。

以前にこのブログでも話題にした、「ガー・パイク、特定外来生物に指定??」の件。
(前記事はこちら

3月15日の環境省の特定外来生物等専門家会合で、正式に
「特定外来生物に指定することが適当」とされた。
※ガー・パイクに関しては約2年の準備期間が設けられ、平成30年2月~の指定が濃厚。

そしていま、4月22日までの期限で一般市民からのパブリック・コメントを募集している。


本件に関しては本当にいろいろな思いがあって、
それはツイッターやブログでただ書き散らせばいいという類のものでもないような気がして、
基本的に面倒くさがりなのだけれど、珍しくやる気を出してパブリック・コメントなぞを書いてみた。


パブリック・コメントの投稿方法については、
「(お知らせ)「特定外来生物の新規指定(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について」
をご参照。

要は、意見を述べたい種のそれぞれについて、
「100字以内で意見の要約」を、
その下に「意見および理由」を書いてください、ということらしい。


以下、自分なりに思う意見を、あえて環境省に送った文書のまま、
記してみる。(自分がパブコメを出すのは、「ガー・パイク」と「ナイルパーチ」の2つ。)

ポイントとしては、
①ガー・パイクについて
・観賞魚の場合、「飼育禁止」よりも「放流禁止」に重きをおくべきではないか。
・その抑止力として、アジアアロワナ等と同じようにマイクロチップで管理してはどうか。

②ナイルパーチについて
・熱帯産の魚を日本国内で画一的に規制するのは現実的ではない。
・これまでの環境省方針とも食い違っており、十分な説明を求める。

というところ。
これ、きちんとさせておかないと、なし崩し的に
「観賞用として流通する熱帯魚は、沖縄で帰化しちゃう可能性があるから
 ぜーんぶ飼育禁止ね。」
っていう方向に話が進みかねないな、と、最悪のパターンを、ちょっと危惧している。


自分が書いた文章が別に正解ではないけれど、
「パブコメなんてよく判らない」「真面目な文章って苦手だよ」っていう人に、
1つの参考として見てもらえれば嬉しいです。

SNS上で議論するのもいいけれど、それだけじゃ変えられないこともあって、
これからも「自分が好きな生物を、飼育・観察して楽しむ」ということが
あたりまえに楽しめる世の中であって欲しいので、
多少めんどくさいけれど、きちんと意思表示をして、
きちんと自分達の趣味の世界を守っていくべきなんだろうな、と思います。


「パブコメ、なに書いたらいいか判らないよ」って人は、もし共感されるなら、
コピペして使いまわしてくれても構わないです。

***************************************************************
①ガー科魚類について
1. 対象生物種:ガー科(Lepisosteidae spp.)
2.意見の要約(100字以内で記載)
本科魚類は観賞魚として広く普及しており、飼育・販売禁止に伴う遺棄放流の増加が懸念されることから、
遺棄放流・廉価販売の抑止のためマイクロチップにより個体管理した上で飼育・販売を継続する施策が妥当である。
(100字)

3.意見及び理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)
今回、観賞魚として広く流通している本科魚類が特定外来生物の指定候補となったことに対し、
観賞魚業界に携わる者として大きな危機感を感じている。

これまでに特定外来生物に指定された多くの魚種は水産上有用種、
あるいは釣魚の対象種が多く含まれていたが、それら魚種と異なり観賞魚の場合は
本来、終生飼育を前提に屋内で適切に飼育されてさえいれば、野外への逸出はほぼ有り得ない。
従い、観賞魚として流通する魚種に対しては「輸入しない・飼育しない」ではなく
「遺棄放流しない・終生飼育する」に重きを置き施策することが重要である。

そのために、ワシントン条約規制対象魚種(アジアアロワナ、オーストラリア肺魚)、
動物愛護法対象種(ワニ、カメ等の水棲爬虫類)と同様にマイクロチップ埋込みにより
個体識別を行い飼育個体・飼育者を管理することが遺棄放流の抑止策として効果的と考える。


また本科魚種の選定理由として「観賞魚として、幼魚が安価に流通している種がある」
という社会的要因が挙げられている。
実際に野外で逸出個体が発見されるガー科魚類は、安価に流通している種
(アリゲーター・ガー、スポッテッド・ガー等)にほぼ限定されている。
マイクロチップ埋込み・管理施策にかかる費用を生体価格に転嫁することで、
販売者による生体の廉価販売の抑止(業界の自浄作用の促進)、
飼育者による衝動買い・遺棄放流の抑止(飼育者の意識向上)に効果的であり、
さらには外来生物対策の財源確保にも繋がると考える。
(参考:マイクロチップによる動物の個体識別の概要/環境省、2005)

同科魚類は長寿命でもあり、ロングノーズ・ガーで36年(須磨海浜水族園)、
アリゲーター・ガーで40年(京急油壺マリンパーク)等の飼育記録がある。
終生飼育する間に飼育者の転居、死亡等の理由で飼育者や飼育場所が変わることも想定され、
マイクロチップ埋込みにより個体管理を義務付けることで飼育者の変更・相続・譲渡も
容易に可能になると考える。
また野外逸出個体についても、捕獲後にマイクロチップ埋込みを実施することで
捕獲個体の再飼育が可能となれば、野生下からの逸出個体駆除、原産地での
野生個体群の維持にも寄与しうる。


日本は世界的にも相応のマーケットを有する、観賞魚の輸入大国である(出典:財務省貿易統計)。
ガー科魚類に関しても人工飼育下での繁殖技術の研究が、民間企業や個人を中心に古くから進められてきた
(出典:TROPICAL FISH HOBBYIST August 2002 T.F.H.)。
これは同科魚類の分類や生態の解明、繁殖形態の解明という点で、商業面だけでなく学術的側面、
種の保存の観点からも意義深い取り組みである。

流通・販売面でのモラル、飼育者のモラルという点で改善すべき点は多々あるが、
外来観賞魚の取り扱いに関しては環境教育への理解の深化、自然科学・種の保存への貢献という観点で、
一概に飼育・流通禁止ではなく、適切な施策を検討する必要がある。
***************************************************************


***************************************************************
②ナイルパーチについて
1. ナイルパーチ(Lates niloticus)
2.意見の要約(100字以内で記載)
熱帯・亜熱帯原産の本種は国内の多くの地域で定着困難であり、国内での定着も未報告である。
今後の指定方針にも関係するため、指定妥当性について再検討を要望する。
南西諸島等に限定しての指定で良いのではないか。
(99字)


3.意見及び理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)
本種は西アフリカ熱帯域・亜熱帯域を原産とし、低水温下では死滅するとされている
(出典:U.S. Fish and Wildlife Service )。
そのため、日本国内においては南西諸島・小笠原諸島を除き定着は困難と考えられる。

これまでに特定外来生物に指定された魚類は、主に冷帯~温帯域に生息し日本国内にも
広く帰化しうる種に限定されている。
環境省の第4回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(魚類)においても、
定着の可能性が局所的な魚種については慎重な議論がなされており、
今回、熱帯・亜熱帯産かつ未だ国内での定着が確認されていない本種の新規指定が検討されていることは、
今後の指定方針の大きな転換点と考えられるため、指定の妥当性を慎重に検討するよう要望する。


本種は観賞魚としても一定数が流通しているが、観賞魚の場合は本来、終生飼育を前提に
屋内で適切に飼育されてさえいれば野外への逸出はほぼ有り得ない。
従い、観賞魚として流通する魚種に対しては「輸入しない・飼育しない」ではなく
「遺棄放流しない・終生飼育する」に重きを置き施策することが重要である。
ワシントン条約規制対象魚種(アジアアロワナ、オーストラリア肺魚)、動物愛護法対象種(ワニ、カメ等の水棲爬虫類)
と同様にマイクロチップ埋込みにより個体識別を行い飼育個体・飼育者を管理することが
遺棄放流の抑止策として効果的と考える。


愛玩・観賞用として飼養された個体の遺棄放流については、業界の自浄作用、愛好家の意識向上が
強く期待される問題であり、観賞魚業界に携わる者として強く責任を感じるところである。
一方で本法の効果的な施行という意味で、観賞魚の販売者・流通者・飼育者それぞれの
意識向上に繋がる施策をお願いしたい。
マイクロチップ埋込みによる飼育個体・飼育者の管理は、本種のような大型魚では特に有効な施策と考える。
***************************************************************

2016.03.05_アクアマリンふくしま・「めひかりサミット」に行ってきた!①

アクアマリンふくしま主催の「第10回めひかりサミット」に行ってきました!
いわき市の魚「めひかり」(アオメエソ)の名を冠し、
水族館と水産業を繋ぐイベント。


201603060906294c2.jpg

プログラムはこの通り。
①太平洋クロマグロの資源量に関する講演は、
自分も海洋系学科卒、資源生態学の研究室OBであるからして……
不出来な学生時代を思い出し、変な汗をかきました。

②県内の淡水魚について
県水試の方の講演。
ブラックバスやブルーギルの駆除に関する話もあり、
「駆除したバスって資源利用できるのかなー」
と思って、つい、手をあげて質問を。

単純に「バスって食えるの?」的な質問と受け取られてしまい、
ちょっと、言葉足らずでした。
(資源利用できるほど量が獲れるのか、とか、
生かして泥抜きしたほうが美味いと思うんだけど、
外来生物法的にはNGですよね?とか、
そういう話が聞ければと思った。)

講演会のあとにブラックバスのフライを試食できるとの事で、
実はそれが一番楽しみだったりしたのでした(笑)

③木戸川の鮭に関する講演
漁協の方から、震災後のサケ漁復活に関する話。
地場のサケがどれだけ美味しいか、本当に心のこもった講演で、
とても胸を打たれました。
今年の秋は、サケを買いに木戸川へ行こう。

④「いわき常磐もの」の話
底引き網の話や、資源管理、放射能調査、ブランド化の話。
アクアマリンふくしまは「食べて学ぶ」を実践してる水族館で、
このように漁業者の方の話が聞けるというのは、いかにも「らしい」なぁ。

⑤安部館長のご講演
子どもの頃、東京育ちで上野や葛西に行きまくってたので、
当時から憧れだった安部館長のお話。
日本と世界の水族館の歴史や、WAZAとのイルカショーに関しても言及し、
これからの水族館のあり方を考えさせられる内容。
(ちなみにアクアマリンふくしまは当初から「ショーをやらない水族館」というポリシーを貫いている)

「水族館と水産業が密接に繋がっている」というのはどうやら日本ローカルの話で、
特に欧米では、多分に宗教的な背景もあり、「水族館は野生動物の消費者であってはならない」
という思想が多くあるらしい。
最近では水族館を通して水産業のことを考える「SEA FOOD WATCH」という考え方も生まれていて、
これに関しても悲観的なキャッチコピーを掲げ取り組んでいる欧米の水族館に対し、
アクアマリンふくしまのキャッチコピーは「Happy Ocean」。

いかにも「らしい」よなぁと、思わずニヤリとしながら聴いてしまいました。



講演会後は、待ちに待った試食会!

20160306090630a3b.jpg

あんこう汁、めひかりのマリネ、ブラックバスのフライ。
この試食会のために、これから毎回来てもいいと思った。


201603060906329b5.jpg

ブラックバスのフライ。
まったく癖や臭みはない。
そこらの安い白身魚フライより確実に美味。

食べていたとき、たまたま安部館長が近くにおられて、
「資源として利用できるほどの量が獲れないのが、本当はいちばん望ましい」
というようなことをおっしゃっていたのが、印象的でした。
昼間の質問の答えを、ずばっと言われた気がした。


あ、あと、この試食会に使ったバスは泥抜きをしたのかどうか、聞き忘れた……。
(ちなみにバスは茨城県産でした)
プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。