2014.06.21_すみだ水族館① ドワーフシクリッドと・・・?

今年、うっかり(?)年間パスポートを買ってしまったすみだ水族館。
2回目の訪問なので、とりあえず元は取ったぜ……。
仙台からですが、これからも通わせてもらいます。


熱帯魚好きにとって、最初の水草水槽だけでもう大満足ですね。
ADAの天野さんプロデュースなので、レイアウトの質が素晴らしいのはもちろん、
泳いでいる魚もなかなか魚種が豊富で、ついつい「隠れキャラ」を探してしまう。


特に、いちばん大きい水槽は、水草や流木の陰にドワーフシクリッドがちらほら隠れていて、
「探し欲」をいい感じに満たしてくれます。


DSC_4215.jpg

パピリオクロミス・ラミレジィ。

文句なしの美麗種。かつ美個体。



DSC_4203.jpg

アノマロクロミス・トーマシィ。
「巻貝退治要員」として売られることも多いけれど、
改めて間近に観察すると、ラミレジィに負けず劣らず綺麗な魚。

ラミレジィもトーマシィも、盛んに水草の茂みをつついて巻貝を探す姿を観察できました。

両種ともそれなりに縄張り意識の強い種類だけど、
のびのびと共存できているのは、広い水槽だからこそだなぁ……。



DSC_4224.jpg

トーマシィはペアで子育て中。

実は最初、稚魚がいるのに気付かず、
たまたま隣のカップルが「見てみて!赤ちゃんがいる!!」
って会話をしているのを聞いて気付きました。。。

観察眼が足りないなぁ、と、反省。



DSC_4207.jpg

ん?
なにやら見慣れない魚が…?
トーマシィにしては細っこいし…。

第一感は、バディス・バディス?
でも、こんなに綺麗な蛇の目模様だったっけ???
うーん。。。


DSC_4205.jpg

実はこの魚、前々からいるのは気付いていて、ずっと気になっていたんだけど、
カメラを持っていなかったり、混雑していたりで、
通うこと3、4回、やっとまともな写真が撮れました。
(マクロフィルター持参してよかった!)


しばらくはこいつの正体について、悩むとしよう。
(自分の中では8割がた、バディスということで結論付けてはいるのですが。)
スポンサーサイト

2013.03.24_すみだ水族館② 海月

すみだ水族館のクラゲ展示。

さすが、クラゲ展示で定評のある新江ノ島水族館と同経営だけあって、
スペースは広くないながらに充実してました!

インテリア的というよりも、しっかり見せる感じで飼育されていて、
そのあたりも好感!

DSC_0434.jpg

DSC_0436.jpg

DSC_0437.jpg

DSC_0438.jpg

2013.03.24_すみだ水族館① チンアナゴ

だいぶ前ですが、話題のすみだ水族館に行ってきました。



まずは、水族館好きの間で地味に話題のチンアナゴ水槽を。


DSC_0456.jpg

いきなりの衝撃水槽。
横長の水槽にびっしりといる、チンアナゴの大群。
東京スカイツリーの高さ(634m)にちなみ、634匹いるそうですが、
真相は如何に。


DSC_0460.jpg

そして、これだけ多数飼育されているからなのか、
(はたまた過密飼育のストレスか・・・)
一匹、砂から出てきて中層を遊泳する個体が。


DSC_0462_20130811000802a39.jpg

DSC_0463.jpg

ピンと伸びた状態というのは初めて見ました。
ヒレはこういう風になっているんだなーとか、思わずじっくり観察してしまったり。

ただ、砂に潜っている個体よりなんとなく痩せ気味に見えたのが気になったりもしました。



DSC_0454.jpg

こちらは、近縁種のニシキアナゴ。
黄色のしま模様がオシャンティですね。
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる