2014.12.30_八景島シーパラダイス②

さて、八景島シーパラダイス。


「恋する遊び島」のキャッチフレーズどおり、
ショーのイメージがとても強かったのですが、
実際は、体験型・学習型の展示、施設が予想以上に充実していました。


DSC_5481.jpg

イルカのふれあいコーナー。しかもオキゴンドウ。
プールにまで入って触るのは確か有料。
「ふれあいラグーン」という施設に入ること自体は、
水族館のチケットだけでOK。

ハンドウイルカやベルーガが泳ぐプールがあって、
運がよければ近寄ってきたイルカを触ってもいいとのこと。
今回は冬休みで混んでいたからか、残念ながら触るチャンスがありませんでした。。。

****************************************

「ふれあいラグーン」の隣には、
「うみファーム」という学習型施設が、

“海育”をコンセプトにしているらしく、
生け簀型のプールから釣りができたり、魚に餌をあげられたり。
そこそこの型のアジや小ぶりのギンザケが釣れてるみたいでした。


10888701_758057637610351_4243169480295201308_n.jpg

我々の目的は、その奥にある「オーシャンラボ」。
船を利用した海中展望台からは、魚礁に群れる魚が観察できるのです!

泳いでいたのは、マダイ、イシダイ、スズキ、ブリ、アイナメ…
といった面々だったかな。
ブリやマダイは、水槽で見る個体よりシャープな体型で、
魚の自然本来の姿を見ることができて、大満足。

まっ黄色な婚姻色を出したアイナメが顔を出したりして、
ダイビングが趣味の友人と一緒だったので、二人して大興奮でした!!


10881513_758057657610349_6600459420050954279_n.jpg

海中の窓の枠にさりげなく群れていたワレカラ。
俺一人だけめっちゃ食いついてしまった・・・笑
スポンサーサイト

2014.12.30_八景島シーパラダイス①

2014年、水族館納め第一弾。
「恋する遊び島」こと、八景島シーパラダイスへ。


実は八景島、お客として見に行くのは初めてだったりする。
首都圏だと、ほかにも好きな水族館が多すぎて、
微妙に遠くて微妙に高い八景島は、気づけば敬遠しがちに・・・。


DSC_5398.jpg


DSC_5399.jpg

マイワシ・イリュージョン。
音楽とうまく融合したショーになっていて、
このあたりのエンターテイメント性の高さは、
さすが八景島!という感じ。


これまで、八景島に足を運ぶ機会が無かったのは、
水族館というより遊園地なんじゃないの?という、
「チャラそう・・・」という先入観があったことも否めません。


10891865_757707084312073_2233179309796113227_n.jpg

頭上をイルカが泳ぐ「ドルフィン・ファンタジー」。
こんなに間近でイルカを見られるのも、
イルカと一緒に熱帯魚が泳いでいるのも、
八景島ならでは、かもしれない。


10896890_757707120978736_6260946487855941300_n.jpg

これまでいわば「行かず嫌い」だった八景島、
今回、きちんと見学してみて感じたこと。
「チャラい」だけの単なるアトラクション施設ではなく、
生き物の可愛さやカッコよさを、素直に伝えようとしている施設なんだなぁ、
と思いました。


どうしてもマニア視点だと、珍しい魚がいたり学術研究をしっかりしていたりする
博物館的要素が強い園館を好んでしまいがちなのだけど、
「海の生き物の魅力を伝えたい」ということを、
変に肩肘張らず、頭でっかちにならず、素直に表現することが大事なのだなぁ。


僕が水族館で写真を撮ったりブログを書いたりするのも
「海の生き物の魅力を伝えたい」という想いがあるからで、
そのためには「綺麗なものを綺麗に撮る」というアタリマエのことが、
大事なのかもしれないなぁ。
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる