外来生物法 特定外来生物の新規指定について、パブリック・コメントを送ってみる。

以前にこのブログでも話題にした、「ガー・パイク、特定外来生物に指定??」の件。
(前記事はこちら

3月15日の環境省の特定外来生物等専門家会合で、正式に
「特定外来生物に指定することが適当」とされた。
※ガー・パイクに関しては約2年の準備期間が設けられ、平成30年2月~の指定が濃厚。

そしていま、4月22日までの期限で一般市民からのパブリック・コメントを募集している。


本件に関しては本当にいろいろな思いがあって、
それはツイッターやブログでただ書き散らせばいいという類のものでもないような気がして、
基本的に面倒くさがりなのだけれど、珍しくやる気を出してパブリック・コメントなぞを書いてみた。


パブリック・コメントの投稿方法については、
「(お知らせ)「特定外来生物の新規指定(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について」
をご参照。

要は、意見を述べたい種のそれぞれについて、
「100字以内で意見の要約」を、
その下に「意見および理由」を書いてください、ということらしい。


以下、自分なりに思う意見を、あえて環境省に送った文書のまま、
記してみる。(自分がパブコメを出すのは、「ガー・パイク」と「ナイルパーチ」の2つ。)

ポイントとしては、
①ガー・パイクについて
・観賞魚の場合、「飼育禁止」よりも「放流禁止」に重きをおくべきではないか。
・その抑止力として、アジアアロワナ等と同じようにマイクロチップで管理してはどうか。

②ナイルパーチについて
・熱帯産の魚を日本国内で画一的に規制するのは現実的ではない。
・これまでの環境省方針とも食い違っており、十分な説明を求める。

というところ。
これ、きちんとさせておかないと、なし崩し的に
「観賞用として流通する熱帯魚は、沖縄で帰化しちゃう可能性があるから
 ぜーんぶ飼育禁止ね。」
っていう方向に話が進みかねないな、と、最悪のパターンを、ちょっと危惧している。


自分が書いた文章が別に正解ではないけれど、
「パブコメなんてよく判らない」「真面目な文章って苦手だよ」っていう人に、
1つの参考として見てもらえれば嬉しいです。

SNS上で議論するのもいいけれど、それだけじゃ変えられないこともあって、
これからも「自分が好きな生物を、飼育・観察して楽しむ」ということが
あたりまえに楽しめる世の中であって欲しいので、
多少めんどくさいけれど、きちんと意思表示をして、
きちんと自分達の趣味の世界を守っていくべきなんだろうな、と思います。


「パブコメ、なに書いたらいいか判らないよ」って人は、もし共感されるなら、
コピペして使いまわしてくれても構わないです。

***************************************************************
①ガー科魚類について
1. 対象生物種:ガー科(Lepisosteidae spp.)
2.意見の要約(100字以内で記載)
本科魚類は観賞魚として広く普及しており、飼育・販売禁止に伴う遺棄放流の増加が懸念されることから、
遺棄放流・廉価販売の抑止のためマイクロチップにより個体管理した上で飼育・販売を継続する施策が妥当である。
(100字)

3.意見及び理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)
今回、観賞魚として広く流通している本科魚類が特定外来生物の指定候補となったことに対し、
観賞魚業界に携わる者として大きな危機感を感じている。

これまでに特定外来生物に指定された多くの魚種は水産上有用種、
あるいは釣魚の対象種が多く含まれていたが、それら魚種と異なり観賞魚の場合は
本来、終生飼育を前提に屋内で適切に飼育されてさえいれば、野外への逸出はほぼ有り得ない。
従い、観賞魚として流通する魚種に対しては「輸入しない・飼育しない」ではなく
「遺棄放流しない・終生飼育する」に重きを置き施策することが重要である。

そのために、ワシントン条約規制対象魚種(アジアアロワナ、オーストラリア肺魚)、
動物愛護法対象種(ワニ、カメ等の水棲爬虫類)と同様にマイクロチップ埋込みにより
個体識別を行い飼育個体・飼育者を管理することが遺棄放流の抑止策として効果的と考える。


また本科魚種の選定理由として「観賞魚として、幼魚が安価に流通している種がある」
という社会的要因が挙げられている。
実際に野外で逸出個体が発見されるガー科魚類は、安価に流通している種
(アリゲーター・ガー、スポッテッド・ガー等)にほぼ限定されている。
マイクロチップ埋込み・管理施策にかかる費用を生体価格に転嫁することで、
販売者による生体の廉価販売の抑止(業界の自浄作用の促進)、
飼育者による衝動買い・遺棄放流の抑止(飼育者の意識向上)に効果的であり、
さらには外来生物対策の財源確保にも繋がると考える。
(参考:マイクロチップによる動物の個体識別の概要/環境省、2005)

同科魚類は長寿命でもあり、ロングノーズ・ガーで36年(須磨海浜水族園)、
アリゲーター・ガーで40年(京急油壺マリンパーク)等の飼育記録がある。
終生飼育する間に飼育者の転居、死亡等の理由で飼育者や飼育場所が変わることも想定され、
マイクロチップ埋込みにより個体管理を義務付けることで飼育者の変更・相続・譲渡も
容易に可能になると考える。
また野外逸出個体についても、捕獲後にマイクロチップ埋込みを実施することで
捕獲個体の再飼育が可能となれば、野生下からの逸出個体駆除、原産地での
野生個体群の維持にも寄与しうる。


日本は世界的にも相応のマーケットを有する、観賞魚の輸入大国である(出典:財務省貿易統計)。
ガー科魚類に関しても人工飼育下での繁殖技術の研究が、民間企業や個人を中心に古くから進められてきた
(出典:TROPICAL FISH HOBBYIST August 2002 T.F.H.)。
これは同科魚類の分類や生態の解明、繁殖形態の解明という点で、商業面だけでなく学術的側面、
種の保存の観点からも意義深い取り組みである。

流通・販売面でのモラル、飼育者のモラルという点で改善すべき点は多々あるが、
外来観賞魚の取り扱いに関しては環境教育への理解の深化、自然科学・種の保存への貢献という観点で、
一概に飼育・流通禁止ではなく、適切な施策を検討する必要がある。
***************************************************************


***************************************************************
②ナイルパーチについて
1. ナイルパーチ(Lates niloticus)
2.意見の要約(100字以内で記載)
熱帯・亜熱帯原産の本種は国内の多くの地域で定着困難であり、国内での定着も未報告である。
今後の指定方針にも関係するため、指定妥当性について再検討を要望する。
南西諸島等に限定しての指定で良いのではないか。
(99字)


3.意見及び理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)
本種は西アフリカ熱帯域・亜熱帯域を原産とし、低水温下では死滅するとされている
(出典:U.S. Fish and Wildlife Service )。
そのため、日本国内においては南西諸島・小笠原諸島を除き定着は困難と考えられる。

これまでに特定外来生物に指定された魚類は、主に冷帯~温帯域に生息し日本国内にも
広く帰化しうる種に限定されている。
環境省の第4回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(魚類)においても、
定着の可能性が局所的な魚種については慎重な議論がなされており、
今回、熱帯・亜熱帯産かつ未だ国内での定着が確認されていない本種の新規指定が検討されていることは、
今後の指定方針の大きな転換点と考えられるため、指定の妥当性を慎重に検討するよう要望する。


本種は観賞魚としても一定数が流通しているが、観賞魚の場合は本来、終生飼育を前提に
屋内で適切に飼育されてさえいれば野外への逸出はほぼ有り得ない。
従い、観賞魚として流通する魚種に対しては「輸入しない・飼育しない」ではなく
「遺棄放流しない・終生飼育する」に重きを置き施策することが重要である。
ワシントン条約規制対象魚種(アジアアロワナ、オーストラリア肺魚)、動物愛護法対象種(ワニ、カメ等の水棲爬虫類)
と同様にマイクロチップ埋込みにより個体識別を行い飼育個体・飼育者を管理することが
遺棄放流の抑止策として効果的と考える。


愛玩・観賞用として飼養された個体の遺棄放流については、業界の自浄作用、愛好家の意識向上が
強く期待される問題であり、観賞魚業界に携わる者として強く責任を感じるところである。
一方で本法の効果的な施行という意味で、観賞魚の販売者・流通者・飼育者それぞれの
意識向上に繋がる施策をお願いしたい。
マイクロチップ埋込みによる飼育個体・飼育者の管理は、本種のような大型魚では特に有効な施策と考える。
***************************************************************
スポンサーサイト

たまには真剣に。「ガー科魚類、特定外来生物に指定?」報道を考える。

新年早々から、アクア業界が騒がしくなってきた。


事の発端は、読売新聞に1月28日に掲載された記事から。
「世界最大級の淡水魚、在来種襲う…生息域拡大」
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20160128-118-OYT1T50148

以下、元記事を引用。
「体長が最大3メートルになる世界最大級の淡水魚・アリゲーターガーなど、
 ガー科の魚が生息域を拡大し、日本固有の在来魚を食い荒らす被害が深刻化している。

 ペットとして飼われていた個体が放流されたとみられ、事態を重くみた環境省は近く、
 ガーを特定外来生物に指定し、輸入や飼育を禁止する方針を固めた。」


この記事はYahoo!ニュースでも取り上げられて、その直後からTwitterほか各種SNSで、
アクアリストの悲痛な叫びが相次いだ。自分もその1人。



■ガーパイクというのはこんな魚。

DSC_0459.jpg
(ロングノーズ・ガー @アクアマリンふくしま)

DSC_0069.jpg
(スポッテッド・ガー @鳥羽水族館)

主に北米~中米に住む淡水魚で、2属7種類が現生。(一部は海水域にも分布する)
小型種のスポッテッド・ガーやショートノーズ・ガーで60~70cm程度、
そして最大種のアリゲーター・ガーは3m以上にもなる、大型の肉食魚だ。

ペットとしても人気で、おそらくは7種全てが観賞用として日本に輸入されている。
一部の種は養殖され、幼魚が安価に、それこそ千円とか2千円とか、
小学生でもちょっと頑張れば飼えてしまうような値段で売られている。
ペットフィッシュとしては丈夫な部類で、そして、長寿命。

DSC_1197.jpg


安くて丈夫で長生き、というのは、普通に考えればペットとしては優れた特徴なのだけれど、
一方で、「可愛い幼魚を衝動買いしたけれど、デカくなりすぎた」
「引越しするときに、連れて行けない」「エサ代がかかりすぎる」
「飼い主のほうが先に死んでしまって、もう飼い切れない」
などなど、後々になって困った問題も引き起こす。
そうして、そうやって悩んだ飼育者(あるいは遺族)の一部は、
「殺すよりマシ」とばかりに、川や池に魚を捨ててしまう。


「かわいそうだけど、熱帯魚だから、たぶん冬になれば死んでしまうだろう」
ところがどっこい。
ガーの仲間の多くは、日本とそう気候が変わらない北米~中米に生息している。
事実、日本のあちこちで、越冬したと見られるガーの仲間がしばしば発見されている。


そして、この事態を環境省も重く見て、「特定外来生物」への指定を検討した。
新聞報道を踏まえて環境省HPを見てみたところ、2月1日付で
「特定外来生物等の新規指定の検討について」というリリースがされている。
http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/list/kentou.html

そのなかの「指定候補となっている外来生物」という一覧に、
「ガー科 (Lepisosteidae spp.)及びその交雑種」と明記されており、
さらに、「平成30年2月頃 : 特定外来生物に指定」と予定されている。

この発表自体はあくまで検討段階のものであり、当該の生物が今すぐに規制されるものではないらしい。
また、同じくリストアップされた他の生物種は今年7月までに特定外来生物に指定される見通しであるのに対し、
ガーの仲間に関しては約2年の検討期間が設定されている。
これは、既にペットとして相当数が流通している実態を鑑みての措置と考えるのが、妥当だろうと思う。


■「特定外来生物」に指定されると、何が規制されるのか。

外来生物法、正しくは「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」という。
平成16年に成立した法律で、特にブラックバスがこの法律の対象となった際には、
釣り業界を中心に、大きな波紋を呼んだ。
対象は魚だけではなく、哺乳類、鳥類、爬虫・両生類、また昆虫や貝類、植物など全ての生物を含む。

この法律で「特定外来生物」に指定されると、
・飼育、栽培、保管、運搬すること
・輸入すること
・野外へ放つ、植える、蒔くこと
が原則的に禁止される。

違反すると、個人の場合で最大3年の懲役または300万円の罰金だ。

DSC_0051_20160211014344fb1.jpg

(オオクチバス @鳥羽水族館
 飼ってもよく人に馴れるし、水産資源としても有用な魚だと思うんですよ、本当は。)


ブラックバスの件で有名になった感もあるこの法律だけれど、
「捕まえること」「釣ること」は禁止されていない。釣ってその場ですぐ放すのはセーフ。
つまり、「キャッチアンドリリース」ならOKである。

一方で、「家に帰って食べたいから活かして持って帰る」はNG。
川魚って、生かして泥抜きしないと生臭いのにね。

なので釣り人の場合は、釣ってその場でリリースすれば、
とりあえず法律的にはセーフである。
一方、我々アクアリストとしては、「飼育」自体が禁止行為なので、
飼ってるだけで即NG。とても深刻な問題である・・・。


当然、これまで飼っていた可愛いペットを殺さなければいけないのか、
という批判もあったわけで、それに対しては一応、救済措置がとられている。

「特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、
 規制されてから6ヶ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、
 その個体に限り飼養等し続けることができます。」
ということになっている。

ところがこの申請許可を取るのに色々と条件があって、
簡単にいうと
・きちんとした飼育施設を整えましょう
・許可された個体だと証明できるように、個体識別をしましょう
ということ。

そういうと簡単なのだけれど、これが、「檻には施錠しなければいけない」とか、
「個体識別のために、動物病院に行ってマイクロチップを埋める手術を受けること」
とか、なかなか面倒くさい。

事実、自分は某水族館でアルバイトしていた時代に、飼育・展示していたカミツキガメが
特定外来生物の指定を受けて、マイクロチップ手術を受ける予算もなく、泣く泣く殺処分した思い出がある。
当時の上司が長いこと可愛がっていた個体だったのになぁ。
あんな悲しい思いは、もう二度としたくない。

まぁ、これまでの例を見る限り、魚類の場合はマイクロチップは必要とされないのではないか、
と想像するのだけれど。


■いま、ガーパイクを飼っている人たちへ。

まず、貴方の飼っているガーに、罪はありません。
それだけは、断言します。

DSC_5959.jpg
(アリゲーター・ガー @マリンピア松島)


美醜の基準は人それぞれなので、このルックスをグロテスクと見るかカッコいいと見るかは
個人の判断だけれど、自分はとても好きな魚だ。
そして、憧れの魚でもある。

子供のころから、たぶんもう20年以上、熱帯魚を飼う趣味を続けてきて、
横幅90cm以上の水槽は、持ったことがなかった。
(学生時代から賃貸アパート暮らしが長いので、床が抜けそうで手が出せないのである。。)

ガーパイクの仲間でいちばん小型のショートノーズ・ガーやスポッテッド・ガーでも、
成長するとその全長は60cm以上。
そして、ガーパイクの仲間は体が固くて、奥行きが狭い水槽だと自由に泳ぎ回れない。

なので、ずっとずっと、横幅120cm×奥行60cm以上の水槽を所有できるその日まで、
ガーパイクの入手・飼育に踏み切ることは我慢してきた。

アクアショップに行けば、可愛い幼魚が千円とか、セールのときならそれ以下で売られていたりする。
買って帰ってひとまず60cm水槽に入れて眺めることだって、とりあえずは可能だ。
だけど、1年後は?
そう考えて、何度も泣く泣く、手ぶらでアクアショップを後にしてきた。

前述した某水族館で、自分はガーパイクの給餌を担当していた。
餌のワカサギを長い口吻で器用についばむ仕草はかわいらしく、
アリゲーター・ガーの豪快な摂餌は迫力があり。
誰よりも自分自身が、ガーパイクに見惚れていた。
バイトを辞める最終日には、ロングノーズ・ガーに手を噛まれて、
大出血しながら笑顔で帰っていったっけ。(先輩いわく「さよならのキス」。)

そんな、自分にとっては憧れの魚。
いつかは飼ってやろうと、ずっと思い続けてきた片思いの魚。
こんなとこで、飼育を規制されるにはいかねーのである。


いま、ガーパイクを飼育している人、本当にその魚を、大事にしてあげてください。
前章で書いたとおり、きちんと飼育設備を整えて、きちんと申請すれば、
多少面倒かも知れないけれど、今までどおり飼い続けることは、出来るはずなので。

そして、どうしても飼い切れなくなったそのときには、
そこらへんに捨てたり放したりせず、水族館なりアクアショップに問合わせるなり、
きちんとした手続きをとって誰かに譲り渡すなり、最善の道を探りましょう。
そして不幸にも、どうしても誰も引取り手が見つからなかったら、
その時は悲しいけれど、想像したくもないけれど、自分の手で殺処分してください。

生き物を飼うということは、特に、人間並みに長生きする大型魚を飼うということは、
それくらいの責任が伴う行為だと、俺は思う。

自分には、目標ができました。
ガーパイクが本当に特定外来生物に指定されるならば、それまでに、
たぶん平成30年までに、しっかり終生飼育できる準備を整えて、ガーを飼育してみせる。
もしもの時には、自分の手で処分する悲壮な覚悟も背負いながら。



■もう一度、「なぜ、ガーパイクが特定外来生物になったか」
を考える。


最後にもう一つ、環境省のHPより。

「外来生物に係る情報及び評価(魚類) [PDF 665KB]」
http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/sentei/fin06/mat02.pdf

ここに、ガーパイクの仲間がなぜ今回の指定検討となったのか、
その経緯と理由が書かれている。
(ガーパイク以外の魚種についても記載有り)

【以下、引用】
ガー科 (Lepisosteidae spp.)に関する情報
○評価 特定外来生物
○生態系被害防止外来種リスト その他定着予防外来種
○原産地 北米大陸のカナダケベック州からコスタリカ
○評価の理由
「今のところ野外で確実な繁殖例はないものの、日本各地の野外で遺棄されたと思われる個体が
確認されており、野外での越冬も可能定着と考えられる。
一部の種は幼魚が輸入され安価で販売されているが、数十年にも及ぶ寿命を持ち、
どの種も全長 1~2mと大型になり、 個人での終生飼育は相当に困難である。
ガー科全種は肉食性で大型化するため、遺棄個体が定着すれば捕食によって在来の生態系に被害を及ぼす可能性がある。」

○被害をもたらしている要因
(1)生物学的要因
 北米大陸原産の種が多く、本州以北で野外越冬が十分に可能であり、実際に多摩川などで冬期も生息が確認されている。
 野外に設置された水槽では越冬をしており、 夏の暑さにも強く、日本の気候に適応できると考えられる。
 魚食性の強い肉食性で、大型になり寿命も長いため、長期間にわたって捕食により
 在来の生態系に被害を及ぼす可能性がある。
(2)社会的要因
 観賞魚として、幼魚が安価に流通している種がある 。

【引用終わり】


うん、本当に、お説ごもっとも。
なんら反論の余地もない。


ただね。
「数十年にも及ぶ寿命を持つ」 ことも、
「どの種も全長 1~2mと大型になる」 ことも、
「北米大陸原産の種が多く、本州以北で野外越冬が十分に可能である」 ことも、
どれも本来、ガーパイクが持って生まれた、あるいは進化の過程で身につけた、生態であり特徴である。

そんなことは、人間がガーをペットにしようとしまいと、変えようのない事実。

だけれども、
「幼魚が輸入され安価で販売されている」 こととか、
「日本各地の野外で遺棄されたと思われる個体が確認されている」 こととかは、
人間の行為の結果であり、いかようにも防ぎようがあったことのはず。

魚一匹が千円、2千円で飼えるけれど、それを終生飼育するにはその何十倍、何百倍ものエサ代と、
床を補強しなきゃ設置できないような大型水槽が必要だってこと、
あなたはちゃんと想像して、その魚を購入しましたか?
あなたはちゃんと説明して、その魚を販売しましたか?


我々アクアリストや、アクアショップ、アクア雑誌、業界団体……。
「捨てない。」「逃がさない。」「安価で売らない。」「きちんと説明する。」……。
一人ひとりが考えて行動していれば、未来は変えられたはずなんだよなぁ。


ガーパイクという魅力的な生き物を、自宅で飼育し眺めることができる。
それがいかに素晴らしいことだったのか、今になって思い知る。

これから先、特定外来生物に指定されるのはガーパイクだけとは限らない。
もしかしたら、ずっと憧れ続けてきた生物を、一生涯飼育する機会が喪われる。
そんな未来が来るかもしれないということに、いちアクアリストとして、絶望すら憶える。


DSC_0742.jpg

(@須磨水族館 展示解説板より)
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる