スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館⑤ 蛍光サンゴ

(前回はコチラ!)
【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館④ ラグーン水族館のラグーン水槽


***************************
■ニューカレドニア旅行記・4日目■
3月1日
天気:晴れときどき曇り
場所:ヌーメア/ニューカレドニア・ラグーン水族館



ニューカレドニア・ラグーン水族館レポ、第5回。
マングローブ水槽とラグーン水槽でかなり時間を使ってしまったので、
このあたりからだいぶ駆け足になっていきます。。。
(入館時点で、閉館まで残り2時間。
 やはりちょっと無理があったか、、、)



時間の都合でいくつかの水槽をスルーしつつ、
順路を先に進むと、急に照明が暗くなり、黒い遮光カーテンが。

このカーテンの向こうが、ここニューカレドニア・ラグーン水族館の
目玉展示の1つ、「光るサンゴ」水槽。
(いちおう、「世界でここだけ」らしいです。
 日本でもどっかで展示されてそうだけど、どうなんだろ。)



正直、日本の水族館を廻るときにサンゴの展示にそれほど注目したことがなく(汗)
どんなもんなんだろうと、半信半疑みたいな気持ちでカーテンを開けてみました。


DSC_6571.jpg
(ISO感度:800で撮影)


うぅ、暗い。。。
直前まで、天然光をふんだんに使った明るい水槽が続いていたので
正直、目が馴れるまでは完全に暗闇にしか見えませんでした。
(実際、あとから来た日本人観光客は「なんだここ、暗いねー。」
 と言って、目が馴れる前に去っていった)



それでもしばらく暗闇に目を馴らしていると、
徐々に、サンゴの放つ繊細な光が認識できてきます。


DSC_6570.jpg
(ISO感度:1600で撮影)


おぉ、神秘的。

基本的に魚やサンゴ以外の生物はいないようなので、
動き自体はまったく無い展示なのですが、
思わず魅入ってしまいました。



あとで調べてみたところ、ここで展示されている「光るサンゴ」というのは、
比較的深海(解説パネルによると水深35m程度)に棲息する、
蛍光色素を持つサンゴの仲間のこと、らしい。


※参考:色鮮やかに光るサンゴを発見、深い海なのになぜ?
(ナショナルジオグラフィック日本版サイトより。
 http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/070200167/


35mの深さというと、だいたい水面直下と比べて数%~せいぜい10%以下の光量になっているはず。
(正確には、光の波長によって吸収率が異なるので、赤い光はほぼ存在せず
 青い光がかすかにとどく環境、のはず。
 より数学的には「ランベルト・ベールの法則」という計算式で算出できるのだけど、
 詳細は省略します)



うーん、このエリアが真っ暗なのが分かるわ。
自然環境を(肉眼での観覧に耐えうる範囲で)忠実に再現した展示なのだなぁ、と感服しました。



メイン水槽はずっと暗いままなのですが、
その横にすこし小ぶりの水槽が。
こちらは、数分おきに「昼」と「夜」を繰り返します。


DSC_6590.jpg
(「昼」=普通の蛍光灯照射)

DSC_6591.jpg
(「夜」=UVランプ照射)


こちらも面白くて、ついついしばらく見比べてしまった。



DSC_6562_20171113000203616.jpg

発光生物と、「光るサンゴ」について書かれた解説パネル。
(※英文/仏文ですが、クリックすると大きな写真で全文が読めます)
スポンサーサイト

【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館④ ラグーン水族館のラグーン水槽

(前回はコチラ!)
【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館③ マングローブに潜む爪


***************************
■ニューカレドニア旅行記・4日目■
3月1日
天気:晴れときどき曇り
場所:ヌーメア/ニューカレドニア・ラグーン水族館



ニューカレドニア・ラグーン水族館レポ、第4回。
汽水/淡水、マングローブときて、いよいよサンゴ礁の海のなかへ。



まずは、通路中央にドーン!と大胆に置かれた、
変形型の中型水槽。

DSC_6457.jpg

アマモが実に勢いよく茂っている。
日本の水族館でアマモ場水槽の常連というと、
アミメハギ、ヨウジウオ、クサフグ、ハゼ類にギンポ類あたりだったりするけれど、
アケボノチョウチョウウオやハタタテダイなんかが泳いでるあたりが、
さすが、土地柄、というところ。


DSC_6440.jpg

こんなのもいました。
カマスベラ?
好きな魚なんだけど、細っこいしすばしっこいしで、撮影するのは苦手です(笑)




さらに進路を進むと、なんだかとても素晴らしい空間が!!!


DSC_6476.jpg

一瞬、タッチプールに見えたけれどそうではなくて、
サンゴ礁の潮だまりを再現した水槽、というかプール、というか。


DSC_6500.jpg

槽内はおおまかに区切ってあって、
(ここには写っていないけれど)イソギンチャク+クマノミが飼育されているエリアがあったり、
写真のように、生きたサンゴでレイアウトされたスペースがあったり。


DSC_6514.jpg

中を泳ぐのは、スズメダイの仲間やチョウチョウウオの若魚
(写真はスミツキトノサマダイ)などなど。


DSC_6515.jpg

そしてこちらは、ゴンズイの幼魚(ゴンズイ玉)。
ニューカレドニアにもゴンズイいるんだ……。



DSC_6505.jpg

さらに、こんなものまで!
トラフザメの幼魚!

日本の水族館でも、そんなには見かけないですよね。
館内で繁殖したものらしく、このあと、大水槽で親ザメも展示されていました。




雰囲気も内容も、実にすばらしいラグーン展示。
サンゴの隙間からいろんな種類の魚が顔を出すので、このコーナーだけで3、40分は滞在してた。
閉館時間が迫ってなかったら何時間も魅入っていたかもしれない。

まぁ、目の前の海には本物のサンゴ礁が広がっているんだけれど、
それでも、水族館は水族館で、見る価値アリです。

そして、こんな素晴らしい展示の秘密が、天井に。



DSC_6507.jpg

DSC_6511.jpg

サンゴを健康に育てるには、光合成を促すために強い光が必要なんだけれど、
このラグーン・プールの上には天窓が。
そしてさらに、大きなメタハラ・ランプが1灯。

どうやら、専用のレールを行ったりきたりして、水槽内にまんべんなく光が当たるよう
工夫されているようです。

魚はもちろんなんだけど、水族館のこういうギミックを見つけると、たまらなく興奮します。

【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館③ マングローブに潜む爪

ニューカレドニア・ラグーン水族館レポ。
マングローブ水槽、番外編。



前記事参照
光がさんさんと降り注ぐマングローブ水槽のかたわらに、
なんだか薄暗い、何がいるんだかよく分からない殺風景な水槽が。




DSC_6447.jpg

擬岩にあいた穴をそっと覗いてみると……
なんか、いる。

しかし、穴の中は暗いなぁ。
目が周囲の明るさに馴染んでしまっているので、
肉眼では、暗い穴の中になかなか順応できない。

少しでも光の差す角度を探してみたり、
カメラのISO感度を変えてみたり。



DSC_6444_201711031227055a0.jpg

ISO1600で撮ってみたら、なんと!
デッカいカニさんが写った!!
(肉眼では、依然、真っ暗な穴ぐらにしか見えていない)




DSC_6458.jpg

その正体は、現地では「マングローブガニ」と呼ばれる、
ノコギリガザミ(Scylla serrata)。
現地のマルシェやレストランでも、売られているのを時々見かける。



DSC_6459.jpg

同じ水槽にチロチロ泳ぐのは、サツキハゼの一種(Parioglossus neocaledonicus)。
学名を見る限り、ニューカレドニアの固有種なのだろうか?

小さすぎて、上手く撮影することができなかった。

【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館② マングローブの水景

(前回はコチラ!)
【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館① 淡水コーナー


***************************
■ニューカレドニア旅行記・4日目■
3月1日
天気:晴れときどき曇り
場所:ヌーメア/ニューカレドニア・ラグーン水族館



ニューカレドニア・ラグーン水族館レポ、第2回。
汽水/淡水コーナーの次は、干潟やマングローブ域を模した水槽群。



DSC_6431.jpg

ブリッジ状の通路の両脇に、上から見るタイプの干潟水槽。
「川から海へ」という感じで、とても雰囲気のいい演出ですね。



DSC_6406.jpg

DSC_6414.jpg

片側の水槽にはトビハゼ(マッド・スキッパー)が、
反対側の水槽にはシオマネキの仲間が。



DSC_6399.jpg

DSC_6398.jpg

※例によって、解説板はクリックで拡大します。
 詳しく読みたい方はどうぞ!

トビハゼはミナミトビハゼ(Periophthalmus argentilineatus
シオマネキは複数種類がいるみたい。
オレンジの鋏脚が綺麗。
日本にいるベニシオマネキとはちょっと違う種類かな。



続いて、マングローブの海を模した水槽が。

DSC_6421.jpg

うー、素晴らしい!
アイゴやフエダイの仲間など、
水槽のサイズの割には大型の魚が多くて、
魚をしっかり育て上げているなぁと感じる。



DSC_6471.jpg

ミナミイケカツオ(Scomberoides tol)?
活発に泳ぎ回る姿が、見ていて楽しい。

こういう回遊性の強い魚種を水槽で飼育すると、
肥満体で体型が崩れてしまうことも多いのだけれど、
シャープな体型を維持していて、かっこいい!



DSC_6462.jpg
※クリックで拡大します

解説板には、コボラ(Chelon macrolepis)、ナンヨウチヌ(Acanthopagrus berda)、セイタカヒイラギ(Leiognathus equulus)などなどの名前が。

いくら親日国のニューカレドニアといえど、さすがに水族館の解説板に日本語は書いてない。
万国共通の「学名」というものの有難さを、改めて実感しました(笑)。



DSC_6480.jpg

天窓からさんさんと日光が差し込む、陸上部分。
恐らくは本物の樹木(ヒルギ類)を使った陸上部の植栽。
水中によく伸びた気根が、陸上と水中の景色をうまく繋いでいて、とても良い。

【ニューカレドニア旅行記・4日目】ニューカレドニア・ラグーン水族館① 淡水コーナー

(前回はコチラ!)
【アクアリストのハネムーン@ニューカレドニア】4日目②_離島とネコと外来種。


***************************
■ニューカレドニア旅行記・4日目■
3月1日
天気:晴れときどき曇り
場所:ウベア島→ヌーメア


3日間のウベア島滞在を切り上げ、昼過ぎの飛行機で本島・ヌメアへ戻ってまいりました。
空港で現地旅行会社「ランド・コミュニケーションズ」のイワモトさんに出迎えてもらい、
初日に6時間だけ滞在したホテル「Casa Del Sole」に再びチェックイン。

DSC_5878.jpg



時刻は15時すぎ。
さすがに、これから海に入ったり街中を観光するのはちょっとしんどいな…。
というわけで、ホテルから徒歩3分・ダッシュで1分の水族館へ!!


自分にとってはほぼ、ココがメインみたいなもんなので、
本当は丸1日とか時間を取りたかったので、
閉館時間まで2時間を切ったこの状況で行くのか?!
と少し悩んだものの。

まぁ、近いし滞在中に何度も行けばいいんだよね。
(といいつつ、結局1回しか行かなかった。。。)


DSC_6350.jpg

入館すると、いきなり目に飛び込んできたのは
鳥羽水族館との、姉妹館提携の記念プレート!!
(こんなものを有難がって撮影しているのは自分だけだった・・・)


そして入場料(現地通貨で1,500CFP、日本円で1,700円くらい)を支払う。
自動券売機なんかはなくて、入り口のお姉さんにスマイルで手渡し。

「俺は!水族館が大好きな日本人で!
 ここに来たくて、わざわざ日本からやってきたんだよ!!
 ここはトレビアンだ!館長を出せ!ハグがしたい!!!」

という気持ちが溢れてきたんだけど、残念ながら、
フランス語を喋れないのだった。。。


アンニュイな笑顔を浮かべるだけの日本人観光客になって
受付をくぐります。。。
こうなったら、1枚でも多くカメラで思い出を記録して帰るのみ!!
(人生初めての海外の水族館で、めちゃめちゃテンションが上がっていた。
たぶん軽くヘンな人になりかけていた 笑)



エントランスを過ぎると、まずは淡水域のコーナー。
どうやら、館内は淡水→汽水→サンゴ礁→外洋→深海、
という流れになっているようだ。

うむ、基本に忠実。




DSC_6352.jpg

夕方ですでに空き始めていたというのもあるけれど、開放感ばっちり!



DSC_6353.jpg

そして目を引くのが、陸上部分の植栽の作りこみ。
それほど広くないスペースなんだけど、現地感が満載!


ホテルから水族館を見たときの写真にもその秘訣があって、
天窓がたくさん設けられていて、熱帯の強烈な天然光をうまく使っている。

日本でも、天然光をうまく使っている水族館は、館内の植栽にこだわっている気がするなぁ。
そして、植物をしっかり育てている水槽は、たいてい魚の状態もいいんだよなぁ。



そんな淡水域の水槽を泳いでいるのは、

DSC_6358.jpg

オオクチユゴイ(学名.:Kuhlia rupestris)。



DSC_6354.jpg
※細かいところまで読みたい人は、クリックすると別画面で拡大できます

大きいほうの淡水水槽には、ほかにもユゴイ、オオウナギ、ホシマダラハゼあたりが。
学名を見る限り、日本でも見られるのと同種のようですね。

オオウナギやホシマダラハゼが潜んでいそうな流木の裏まで追いきれなかったのと、
館内が明るい分、水槽ガラス面の反射がキツくて断念。。。



続いて、その横の小水槽へ。

DSC_6391.jpg

ナンヨウタカサゴイシモチ(学名: Ambassis interrupta)


DSC_6373.jpg

テンジクカワアナゴ(学名:Eleotris fusca)?


DSC_6355.jpg

こちらは、他にもハゼ数種、小型のユゴイの仲間など。




続いて左の小水槽。
こちらは、小さなハゼたちがたくさん。。

DSC_6382.jpg

ボウズハゼの仲間?
種類までは追いきれなかった。


DSC_6356.jpg

淡水性の小型のハゼについては、
なかなか鮮やかな体色の種類が何種類かいるらしい。
固有種なのかなぁ。



PA291397.jpg

後日、ヌーメアの街中で小さな本屋を見つけ、
そこで「ニューカレドニアの淡水魚」というような洋書を発見。
やはり、ハゼの類を中心に固有種がずいぶんいるらしい。


しかしコレ、フランス語で書いてあって、
自力で解読するには150年くらいかかりそうなのです。
写真を眺めているだけでも楽しいんだけど。


誰か、フランス語とサカナに詳しい方、ヘルプ求む。。。
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。