“#どこかわかったら超水族館通”  「知る人ぞ知る世界」の、奥の深さ

2017年6月12日。

Twitter上に突如現れた「」というハッシュタグ。



■"祭り”の始まり。

最初にこのタグを使ったのは、私も仲良くさせてもらってる某水族館員の魚ハンターさん。

何気ない水族館写真に添えられたこのハッシュタグに反応して、

日本中の水族館ファンの方々が自慢の写真を上げまくる!

(というかすみません、口火を切って連投しまくったのは私です。。。)



■つくづく、秀逸なタグ。

それにしても、この「」というタグの面白さ。

単純に綺麗な水族館の写真だとか、マニアックな生物の写真は

いつもTwitter上で拝見していますが、それともひと味違うんですよね。


ラー油のCMみたいなこと言いますけど、

「分かりそうで分からない、だけどよく見ると分かる人には分かっちゃう写真」なんですよね。

(いや、そう考えると完全に「分からない人には絶対分からない」内輪ネタなんだけど。。)



■別にルールはないけれど。

この手のお遊びに、別に「お作法」は要らないけれど、

他の方の投稿とか、自分の投稿を眺めていると、やっぱりある程度の傾向はあるみたいです。


①「誰が見ても分かっちゃう」ではない。

日本にあまたある水族館の中にも、有名どころとマイナーどころがあるわけです。

有名どころの水族館の、超目玉展示。

下手すると、実際にその園館に行ったことがなくても写真を見れば

誰しも「あぁ、あそこだ!」って分かっちゃうような展示もあるわけです。


例えば

・葛西のマグロ水槽(ドーナツ水槽) とか

・美ら海の大水槽(ジンベエザメ) とか。

(くそ、なんで両方とも写真がないんだ!!)


こんなのもそうですよね。

(以下、無断転載を避けるため、僭越ながら自分が撮影した写真だけ紹介します。

 他の方が上げていた素晴らしい写真の数々はぜひ「

 で検索してみてください)


DSC_6714.jpg

これはもう、明らかにあのクラゲ水族館のクラゲ大水槽ですよね。


DSC_0924.jpg

シャチといえばあそことあそこと…ですよね。その中でこのプールとショーのクオリティは…?



②「さっぱりどこだか分からない」もちょっと。。

「全国どこにでもよくいる生き物」ってのが、けっこういます。

それ自体は人気の証でもあるので、なんら否定しないんですけど、

そんなメジャー級生物をアップで撮った一枚、なんてのは、

今度は特定する手がかりが無さすぎてお遊びにならないんじゃないか、なんて思います。


DSC_0991.jpg

チンアナゴといえば…すみだ水族館?京都?

いえいえ違います!


DSC_2485.jpg

ミズクラゲ!クラゲといえば!加茂水族館!?新江ノ島??

いーえ、違います!


と、こんなんじゃクイズにならないっすよね。



③「そもそも水族館じゃない」という罠。

「どこまでが水族館か」っていう問題もありますけどね。

(実際、水族館ファンの間では「どこまでを水族館として認定するか」

 っていう話で盛り上がったりします)


少なくとも自宅の水槽とかの写真を上げて「ひっかけ問題」にするのは、

反則ッスよね…。


【クイズ・我が家の水槽はドッチでSHOW?】

※「水族館と見まごうくらい綺麗な水槽」は、残念ながら我が家にはありませんでした。。。

DSC_0650.jpg


DSC_0559_201706132306264d9.jpg



■で、こんなのはどう??

実際「」祭りで上げてみたのはこんな写真です。

「そもそもそんな水族館しらねーよ!」っていうツッコミはご容赦ください^^;


DSC_2605.jpg

東南アジアの淡水エイ「ヒマンチュラ・チャオプラヤ(Himantura chaophraya)」。

たぶん国内で展示したことがあるのは2箇所だけなんで、それさえ知ってれば

だいたい分かるはずッス。

(@板橋区立 熱帯環境植物館 2014年5月)



DSC_0064_201706132316450c6.jpg

シイラ(Coryphaena hippurus)。

地味に難問だったみたいです。

シイラも、展示したことのある水族館はかなり少ないはずなのですが、

東北・日本海側の水族館が展示してた、ってのは意外なのかも…!

「水槽の青さとイサキの多さ…GAOですね!」って返信が来たときはびっくりしました。

脱帽です。マニアって怖いです(笑)

(@男鹿水族館GAO 2011年7月)



DSC_0285_2017061323281906a.jpg

えーと、水槽の表面が結露していたらこのワイパーで自分で拭くんです。

他にはなかなかない工夫だと思います(笑)

リニューアル前の、鶴岡市立加茂水族館(2013年7月)。



■「知る人ぞ知る」水族館の世界。

興味のある方はぜひ「」でTwitter検索いただければと

思います。日本中の水族館ファンの方の「とっておきの写真」だらけです。


……まぁ、「この照明の雰囲気は、、、**水族館だッ!」とか

「この底砂の感じは、、、**水族館の◎◎水槽ですねッ!」とか

もはや魚や生き物と関係ないところで盛り上がったりしてて、

うん、変態の巣窟としか言えないんですけど(←いい意味で!)。


なんてったって

DSC_4255.jpg

この写真、どこにでもいるマガキガイ(Strombus luhuanus)。

「悪い見本(特定できない)」のつもりで上げたんですけど

「これ、すみだ水族館ですよね?」ってズバリ特定されたときは、鳥肌が立ちました。。。

マニアって怖い!



でも、一見はどこも似たり寄ったりな水族館施設でも、

実はそれぞれに工夫を凝らし、それぞれの園館で特徴があるってこと、

そして、そんな水族館が日本には幾つもあるってこと、

それって素晴らしいなぁと、今回の「」祭りを通して

改めて思ったのでした。

(ついでに、そんなマニアックな話で盛り上がれる人々が、

 日本のあちこちにいるんだな、ってことも。)


スポンサーサイト

たまには真剣に。「ガー科魚類、特定外来生物に指定?」報道を考える。

新年早々から、アクア業界が騒がしくなってきた。


事の発端は、読売新聞に1月28日に掲載された記事から。
「世界最大級の淡水魚、在来種襲う…生息域拡大」
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20160128-118-OYT1T50148

以下、元記事を引用。
「体長が最大3メートルになる世界最大級の淡水魚・アリゲーターガーなど、
 ガー科の魚が生息域を拡大し、日本固有の在来魚を食い荒らす被害が深刻化している。

 ペットとして飼われていた個体が放流されたとみられ、事態を重くみた環境省は近く、
 ガーを特定外来生物に指定し、輸入や飼育を禁止する方針を固めた。」


この記事はYahoo!ニュースでも取り上げられて、その直後からTwitterほか各種SNSで、
アクアリストの悲痛な叫びが相次いだ。自分もその1人。



■ガーパイクというのはこんな魚。

DSC_0459.jpg
(ロングノーズ・ガー @アクアマリンふくしま)

DSC_0069.jpg
(スポッテッド・ガー @鳥羽水族館)

主に北米~中米に住む淡水魚で、2属7種類が現生。(一部は海水域にも分布する)
小型種のスポッテッド・ガーやショートノーズ・ガーで60~70cm程度、
そして最大種のアリゲーター・ガーは3m以上にもなる、大型の肉食魚だ。

ペットとしても人気で、おそらくは7種全てが観賞用として日本に輸入されている。
一部の種は養殖され、幼魚が安価に、それこそ千円とか2千円とか、
小学生でもちょっと頑張れば飼えてしまうような値段で売られている。
ペットフィッシュとしては丈夫な部類で、そして、長寿命。

DSC_1197.jpg


安くて丈夫で長生き、というのは、普通に考えればペットとしては優れた特徴なのだけれど、
一方で、「可愛い幼魚を衝動買いしたけれど、デカくなりすぎた」
「引越しするときに、連れて行けない」「エサ代がかかりすぎる」
「飼い主のほうが先に死んでしまって、もう飼い切れない」
などなど、後々になって困った問題も引き起こす。
そうして、そうやって悩んだ飼育者(あるいは遺族)の一部は、
「殺すよりマシ」とばかりに、川や池に魚を捨ててしまう。


「かわいそうだけど、熱帯魚だから、たぶん冬になれば死んでしまうだろう」
ところがどっこい。
ガーの仲間の多くは、日本とそう気候が変わらない北米~中米に生息している。
事実、日本のあちこちで、越冬したと見られるガーの仲間がしばしば発見されている。


そして、この事態を環境省も重く見て、「特定外来生物」への指定を検討した。
新聞報道を踏まえて環境省HPを見てみたところ、2月1日付で
「特定外来生物等の新規指定の検討について」というリリースがされている。
http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/list/kentou.html

そのなかの「指定候補となっている外来生物」という一覧に、
「ガー科 (Lepisosteidae spp.)及びその交雑種」と明記されており、
さらに、「平成30年2月頃 : 特定外来生物に指定」と予定されている。

この発表自体はあくまで検討段階のものであり、当該の生物が今すぐに規制されるものではないらしい。
また、同じくリストアップされた他の生物種は今年7月までに特定外来生物に指定される見通しであるのに対し、
ガーの仲間に関しては約2年の検討期間が設定されている。
これは、既にペットとして相当数が流通している実態を鑑みての措置と考えるのが、妥当だろうと思う。


■「特定外来生物」に指定されると、何が規制されるのか。

外来生物法、正しくは「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」という。
平成16年に成立した法律で、特にブラックバスがこの法律の対象となった際には、
釣り業界を中心に、大きな波紋を呼んだ。
対象は魚だけではなく、哺乳類、鳥類、爬虫・両生類、また昆虫や貝類、植物など全ての生物を含む。

この法律で「特定外来生物」に指定されると、
・飼育、栽培、保管、運搬すること
・輸入すること
・野外へ放つ、植える、蒔くこと
が原則的に禁止される。

違反すると、個人の場合で最大3年の懲役または300万円の罰金だ。

DSC_0051_20160211014344fb1.jpg

(オオクチバス @鳥羽水族館
 飼ってもよく人に馴れるし、水産資源としても有用な魚だと思うんですよ、本当は。)


ブラックバスの件で有名になった感もあるこの法律だけれど、
「捕まえること」「釣ること」は禁止されていない。釣ってその場ですぐ放すのはセーフ。
つまり、「キャッチアンドリリース」ならOKである。

一方で、「家に帰って食べたいから活かして持って帰る」はNG。
川魚って、生かして泥抜きしないと生臭いのにね。

なので釣り人の場合は、釣ってその場でリリースすれば、
とりあえず法律的にはセーフである。
一方、我々アクアリストとしては、「飼育」自体が禁止行為なので、
飼ってるだけで即NG。とても深刻な問題である・・・。


当然、これまで飼っていた可愛いペットを殺さなければいけないのか、
という批判もあったわけで、それに対しては一応、救済措置がとられている。

「特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、
 規制されてから6ヶ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、
 その個体に限り飼養等し続けることができます。」
ということになっている。

ところがこの申請許可を取るのに色々と条件があって、
簡単にいうと
・きちんとした飼育施設を整えましょう
・許可された個体だと証明できるように、個体識別をしましょう
ということ。

そういうと簡単なのだけれど、これが、「檻には施錠しなければいけない」とか、
「個体識別のために、動物病院に行ってマイクロチップを埋める手術を受けること」
とか、なかなか面倒くさい。

事実、自分は某水族館でアルバイトしていた時代に、飼育・展示していたカミツキガメが
特定外来生物の指定を受けて、マイクロチップ手術を受ける予算もなく、泣く泣く殺処分した思い出がある。
当時の上司が長いこと可愛がっていた個体だったのになぁ。
あんな悲しい思いは、もう二度としたくない。

まぁ、これまでの例を見る限り、魚類の場合はマイクロチップは必要とされないのではないか、
と想像するのだけれど。


■いま、ガーパイクを飼っている人たちへ。

まず、貴方の飼っているガーに、罪はありません。
それだけは、断言します。

DSC_5959.jpg
(アリゲーター・ガー @マリンピア松島)


美醜の基準は人それぞれなので、このルックスをグロテスクと見るかカッコいいと見るかは
個人の判断だけれど、自分はとても好きな魚だ。
そして、憧れの魚でもある。

子供のころから、たぶんもう20年以上、熱帯魚を飼う趣味を続けてきて、
横幅90cm以上の水槽は、持ったことがなかった。
(学生時代から賃貸アパート暮らしが長いので、床が抜けそうで手が出せないのである。。)

ガーパイクの仲間でいちばん小型のショートノーズ・ガーやスポッテッド・ガーでも、
成長するとその全長は60cm以上。
そして、ガーパイクの仲間は体が固くて、奥行きが狭い水槽だと自由に泳ぎ回れない。

なので、ずっとずっと、横幅120cm×奥行60cm以上の水槽を所有できるその日まで、
ガーパイクの入手・飼育に踏み切ることは我慢してきた。

アクアショップに行けば、可愛い幼魚が千円とか、セールのときならそれ以下で売られていたりする。
買って帰ってひとまず60cm水槽に入れて眺めることだって、とりあえずは可能だ。
だけど、1年後は?
そう考えて、何度も泣く泣く、手ぶらでアクアショップを後にしてきた。

前述した某水族館で、自分はガーパイクの給餌を担当していた。
餌のワカサギを長い口吻で器用についばむ仕草はかわいらしく、
アリゲーター・ガーの豪快な摂餌は迫力があり。
誰よりも自分自身が、ガーパイクに見惚れていた。
バイトを辞める最終日には、ロングノーズ・ガーに手を噛まれて、
大出血しながら笑顔で帰っていったっけ。(先輩いわく「さよならのキス」。)

そんな、自分にとっては憧れの魚。
いつかは飼ってやろうと、ずっと思い続けてきた片思いの魚。
こんなとこで、飼育を規制されるにはいかねーのである。


いま、ガーパイクを飼育している人、本当にその魚を、大事にしてあげてください。
前章で書いたとおり、きちんと飼育設備を整えて、きちんと申請すれば、
多少面倒かも知れないけれど、今までどおり飼い続けることは、出来るはずなので。

そして、どうしても飼い切れなくなったそのときには、
そこらへんに捨てたり放したりせず、水族館なりアクアショップに問合わせるなり、
きちんとした手続きをとって誰かに譲り渡すなり、最善の道を探りましょう。
そして不幸にも、どうしても誰も引取り手が見つからなかったら、
その時は悲しいけれど、想像したくもないけれど、自分の手で殺処分してください。

生き物を飼うということは、特に、人間並みに長生きする大型魚を飼うということは、
それくらいの責任が伴う行為だと、俺は思う。

自分には、目標ができました。
ガーパイクが本当に特定外来生物に指定されるならば、それまでに、
たぶん平成30年までに、しっかり終生飼育できる準備を整えて、ガーを飼育してみせる。
もしもの時には、自分の手で処分する悲壮な覚悟も背負いながら。



■もう一度、「なぜ、ガーパイクが特定外来生物になったか」
を考える。


最後にもう一つ、環境省のHPより。

「外来生物に係る情報及び評価(魚類) [PDF 665KB]」
http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/sentei/fin06/mat02.pdf

ここに、ガーパイクの仲間がなぜ今回の指定検討となったのか、
その経緯と理由が書かれている。
(ガーパイク以外の魚種についても記載有り)

【以下、引用】
ガー科 (Lepisosteidae spp.)に関する情報
○評価 特定外来生物
○生態系被害防止外来種リスト その他定着予防外来種
○原産地 北米大陸のカナダケベック州からコスタリカ
○評価の理由
「今のところ野外で確実な繁殖例はないものの、日本各地の野外で遺棄されたと思われる個体が
確認されており、野外での越冬も可能定着と考えられる。
一部の種は幼魚が輸入され安価で販売されているが、数十年にも及ぶ寿命を持ち、
どの種も全長 1~2mと大型になり、 個人での終生飼育は相当に困難である。
ガー科全種は肉食性で大型化するため、遺棄個体が定着すれば捕食によって在来の生態系に被害を及ぼす可能性がある。」

○被害をもたらしている要因
(1)生物学的要因
 北米大陸原産の種が多く、本州以北で野外越冬が十分に可能であり、実際に多摩川などで冬期も生息が確認されている。
 野外に設置された水槽では越冬をしており、 夏の暑さにも強く、日本の気候に適応できると考えられる。
 魚食性の強い肉食性で、大型になり寿命も長いため、長期間にわたって捕食により
 在来の生態系に被害を及ぼす可能性がある。
(2)社会的要因
 観賞魚として、幼魚が安価に流通している種がある 。

【引用終わり】


うん、本当に、お説ごもっとも。
なんら反論の余地もない。


ただね。
「数十年にも及ぶ寿命を持つ」 ことも、
「どの種も全長 1~2mと大型になる」 ことも、
「北米大陸原産の種が多く、本州以北で野外越冬が十分に可能である」 ことも、
どれも本来、ガーパイクが持って生まれた、あるいは進化の過程で身につけた、生態であり特徴である。

そんなことは、人間がガーをペットにしようとしまいと、変えようのない事実。

だけれども、
「幼魚が輸入され安価で販売されている」 こととか、
「日本各地の野外で遺棄されたと思われる個体が確認されている」 こととかは、
人間の行為の結果であり、いかようにも防ぎようがあったことのはず。

魚一匹が千円、2千円で飼えるけれど、それを終生飼育するにはその何十倍、何百倍ものエサ代と、
床を補強しなきゃ設置できないような大型水槽が必要だってこと、
あなたはちゃんと想像して、その魚を購入しましたか?
あなたはちゃんと説明して、その魚を販売しましたか?


我々アクアリストや、アクアショップ、アクア雑誌、業界団体……。
「捨てない。」「逃がさない。」「安価で売らない。」「きちんと説明する。」……。
一人ひとりが考えて行動していれば、未来は変えられたはずなんだよなぁ。


ガーパイクという魅力的な生き物を、自宅で飼育し眺めることができる。
それがいかに素晴らしいことだったのか、今になって思い知る。

これから先、特定外来生物に指定されるのはガーパイクだけとは限らない。
もしかしたら、ずっと憧れ続けてきた生物を、一生涯飼育する機会が喪われる。
そんな未来が来るかもしれないということに、いちアクアリストとして、絶望すら憶える。


DSC_0742.jpg

(@須磨水族館 展示解説板より)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします。


今年の年賀状は、こんな感じ。

img004.jpg

「申年」って、魚ネタめちゃくちゃ難しいんすよね。。
サルボウガイとか、サルエビとか、サルアワビとか、、、
どこで撮ればええねん。。
撮っても地味だし。。。

で、いろいろ調べていたところ、トラフザメの英名が「Monkey-Mouth Shark」なんだそうで。
いや、「Zebra Shark」が一般的だと思うんだけど……。
インドとかその周辺でのみ使われている名前だそうです。
ま、いいや……。
サルアワビの年賀状を送りつけられるよりいいだろう。

そのことに気付いたのが、もう年末も差し迫った12月半ばで、
トラフザメのいい写真のストックがなくて、
どうやら、いちばん近場で撮れそうなのがサンシャインで…。

そんなわけで、無駄に苦労して撮った一枚。
水槽前についてからもいろいろと苦労したのですが、
その辺の話はまぁ、そのうち気が向いたら。


そんなわけで、今年もよきお魚ライフとなりますよう。

2015.12.29_年末。

今年もお世話になりました。


大掃除も無事に終了!!(水槽の。)
※部屋の大掃除については…聞かんといてください。

DSC_1182_20151229151504968.jpg


水を換えたら、バンジョーキャットさんが気持ちよさそうに
姿を見せたので、ちょっと一枚。

チャラい水槽を作りたくて、あえてクリスタルな青い砂にしたので、
砂に潜っててもどこにいるか分かって面白いんです。

DSC_1193.jpg


2015年は、マリンピア松島が閉館したり、
仙台うみの杜水族館ができたり、
八木山動物園まで地下鉄が開通したり。
仙台の水族館好きにはイベントの多い一年でした。

個人的にも、今年はあちこちの水族館のスタッフさんとか、水族館ファンの方とかと、
(超プライベートで)飲んだり遊んだりする機会が、やたらとあったなぁ。
ものすごく刺激を受けました。
ちょっと人生設計見直そうかと思うくらいに(笑)。


今年、遊びに行った水族館……
・函館市熱帯植物園
・マリンピア松島(計6回 笑)
・仙台市立八木山動物園
・鶴岡市立加茂水族館
・京都水族館
・仙台うみの杜水族館
・おたる水族館
・サケのふるさと 千歳水族館
・サンシャイン水族館

あれっ、こうしてみると意外と少ないな。。。
今年は、出張で大分まで行ったのに「うみたまご」
に寄れなかったのが残念でした。。。(まぁ、仕事だし。)

来年は…来年こそは…。
とりあえず、年末年始は東京タワー、すみだ水族館、サンシャインあたりに
出没しようかと画策中。

【リクエストされたので】イカの交接の写真。


とある飲み会にて、「イカの交接シーンの写真をください」
とお願いされたので、上げておきます。 笑

BhxFBEwCYAE2CtP.jpg

京急油壺マリンパークにて。
プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる