スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初めて】生き物好きのふるさと納税【やってみた】

いよいよ年末ですね。


先日、職場の先輩から「ふるさと納税やってる??」なんてコトを聞かれました。
正直、これまではそういうのにまったく疎かったワタクシ…。

けれど話を聞くと「絶対にやらなきゃ損!損!」ということらしい。
そして、今年分は12月31日までに申し込まなきゃいけないらしい。


というわけで、「ふるさとチョイス」というふるさと納税サイトにアクセスしてみました。

続きを読む

スポンサーサイト

【移行済み】「フォトマスター検定」準1級合格!!

当記事は新ブログに移行されました。

移行先の記事を読む⇒https://ra-aquarium.com/post-0-5/

【2017.11.11】チンアナゴの日

「11月11日はチンアナゴの日」なんてことを、最初に言い始めたのは、
すみだ水族館か、はたまた八景島シーパラダイスか。

最近ではすっかり、水族館の人気者の定番になりましたね。


自分もまぁまぁ、あちこち水族館を歩き回っているので、
なんだかんだ、チンアナゴの写真もけっこう撮り溜めてました。



【チンアナゴ・ギャラリー】
DSC_0991_20171111224024d90.jpg
2014年3月_鴨川シーワールド


DSC_0463_201711112240229f0.jpg
2013年3月_すみだ水族館
珍しい??全身すがた。


【ニシキアナゴ・ギャラリー】
DSC_0454_20171111224023e36.jpg
2013年3月_すみだ水族館
個人的にはニシキアナゴのほうが好みです。

P7020163.jpg
2017年7月_足立区生物園



【近縁3種・顔合わせ】
※2017年9月_すみだ水族館

P9171021.jpg
チンアナゴ(学名:Heteroconger hassi

P9171020.jpg
ニシキアナゴ(学名:Gorgasia preclara

P9171025.jpg
ホワイトスポッテッドガーデンイール(学名:Gorgasia maculata

【水族館撮影】オリンパスTG-5の意外な弱点??

弱点、というほど大袈裟な話ではないんですけど。


オリンパスTG-5、買ってから本当に愛用してます。

■高感度で暗所にも強いし。

■ダイバー向けを想定してるから、直感的に操作できるし。

■wi-fi接続できて、撮った写真をすぐSNS投稿とかできちゃうし。

■なにより、顕微鏡モードで生き物を撮るのサイコーに楽しいし。


ただ、しばらく使ってみて気付いたことが1つ。
それは、このメタリックなボディに原因が。。。

19554833_1367063956709713_5076159879831905351_n.jpg


そう、このカメラ、水槽のガラス面にめちゃくちゃ写り込む。

P9291157.jpg
※あえて消さないでおいた失敗ショット。


ぼくが思う『水族館の生き物撮影の7つのコツ』の1つ、
それは『ガラス面への写り込みを防ぐ』こと。
(あとの6つはこれから考えます)

どんなカメラ使っても、条件によってはどうやっても写り込んでしまうものの、
一眼レフの黒いボディは、上手いこと背景をボカして誤魔化しが効いたりするんだけど。

TG-5の赤いボディとメタリックなレンズリングは、自己主張が激しいっすねぇ。。。
(※ボディは黒もありますが。)


一眼レフの場合は、望遠レンズで遠くから狙うっていうワザも使えるんだけど、
TG-5はマクロ撮影に強いので、ついつい被写体にグッと寄ってしまうのも、
写り込みの原因の1つかなぁ。


以上、ちょっとした脱線話でした。

水族館と照明のこと。

ここんとこ、特に新設/リニューアルされた水族館に行くと、
水中に後光が差したような素晴らしい水景表現を、よく見る気がして。


たとえば、こんな感じの。

DSC_7919.jpg
(2017年4月 @マリンワールド海の中道)


DSC_9610_20170923121317830.jpg
(2015年8月 @サケのふるさと 千歳水族館)


直進性が高くて水中をクリアに見せる、点光源のLED照明と、
ほんわかと水槽全体を照らす、面光源のメタハラランプや蛍光灯。
撮った写真の表現も、照明によって変わる気がする。


これってたぶん、LED照明の普及がなせるワザなんだろーなー、
と思いつつ、特に検証したわけでもないので、
ちょっとこれからは、そういうところにも目を向けてみようかな。


「生き物」以外の要素だと、「アクリルガラス」と「照明」の技術進歩って、
水族館の進化みたいなことに、重要に関わっているんだと思うんです。
(世を忍ぶ仮の姿は機械設備業界のヒトなので、
 ちょっと分かったようなことを言ってみる。実際には何も分かっていない)


ついでに、比較対象としてよさげな写真が無かったので、
どこか、古きよき水族館にも行きたい。
京急油壺とかだな、うん。
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。