スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20101023_海遊館②その他もろもろ。

昨日に続き、海遊館を。
本当はエビスザメの写真をupしたかったんだけど、
まとめきれなかったので、とりあえず大水槽以外の写真を。

何で撮ったのか分からない写真なのですが・・・…(苦笑)。


DSC_0823.jpg
海遊館で撮った1枚目。
カワウソ塊。

海遊館のいいなと思うところは、水槽の構造的に「縦方向」をとても意識していて、
たとえばアマゾン水槽の上にはイグアナやカピバラがいたり、
ラッコやアザラシが潜る様子がよく見えるところで、
(ただ、カマイルカに関してはもう少し横方向の広さがあってもいいかなと)
カワウソについても、潜って餌を探す様子がよく観察できる。
あとは、せっかくだからラッコとの類似点だったりの説明があってもいいのになー、と思った。

それにしても、この塊っぷり……。
写真で観ると可愛いけど、ちょっと臭かった(笑)。

DSC_0824.jpg
関西らしさを、ということで、はないのだが、
たまたま、割と綺麗に撮れたので、アマゴをフィーチャー。
アマゴを観て、一瞬「あ、ヤマメだ。」と思ってしまう自分は、やはり東日本の人間なのだなと実感。

それにしても、アマゴって本当に綺麗な魚だ。
自分はついつい、ピントを魚の眼に合わせようと思いすぎて、しばしば下半身が見切れてしまうのだけど。
モデルが美人さんで、ピントも合ってるだけに、反省しきりの一枚。
スポンサーサイト

20101023_海遊館①ジンベエザメ

と、いうわけで、行ってきました海遊館。
中学の修学旅行以来、10年以上ぶり。


まずは、海遊館のトレードマークでもあるジンベイザメを。


DSC_0836.jpg
大水槽を観ていると、ジンベエザメが挨拶にやってきた。
……訳ではないのだが、海遊館の設計上、1つの大きな水槽をグルグル色んな角度から観られるので、
まぁジンベエザメを見逃す、ということはないかと思われる。

DSC_0850.jpg
運よくなのか、食事シーンに出くわした。
他の大型サメ・エイのほとんどがことごとく無関心なのが、ジンベエザメの特殊さを物語っているような。
(為念、ジンベエザメは海中を漂う動物プランクトンを主食としており、他の魚を襲って食べる性質はありません)。
ジンベエの食事前に他の魚への給餌も行われていたのだが、
大量に投げ込まれるイカの切り身に狂喜乱舞する多くの魚を尻目に、
ジンベエは全く我関せずであった(あとオニイトマキエイも)。

DSC_0851.jpg
……でも、確かに大きいんだけど、こうやって背中側から見ると、何となく痩せているような。
「健康なジンベエザメ」のスタンダードがある訳ではないので
(生きているジンベエザメなんて、これまで水族館で数回観ただけだ)、
あくまで、「魚飼いの直観」なんだけど。
ただ、何となく「あたまでっかち」に感じた。

DSC_0852.jpg
……すごい吸引力。スクリューしてる。
自然下でこういう風に「立ち食い」しているのはイメージできないのだが、
ヒゲクジラなんかとはまた、全く違うタイプの濾過食者であることがうかがい知れる。
それにしても、ただ口を開けるだけで、あれだけの吸引力となるものなのだろうか。

DSC_0858.jpg
ジンベエザメとしては「まだ子供」のはずなんだけど、
やっぱりこうやってみると、明らかに大きいな。
周りに泳いでるの、1m近いようなロウニンアジとかカスミアジだもんな。


他にも色々撮ったので、またupします。
一応、次回予告は「エビスザメ」ということで。
(ジンベエザメも、「豊漁をもたらす」伝説から、別名エビスザメなんだけどねー)。

20100523_東京タワー水族館①ローチ編

過去写真あさってみた。

DSC_0649.jpg

DSC_0648.jpg
ボティア・ニグロリネアータ(Botia nigrolineata)。
二枚目、下にいるのはゾディアックローチの近縁種(Mesonemacheilus guentheri)昔、自宅でも飼ってたんだけどなぁ。。

DSC_0652.jpg

DSC_0653.jpg
似てるけど、こちらはドワーフボティア(Botia sidthimunki)と思われる。
後ろのクラウンローチですが……(次の写真へ)。

DSC_0655.jpg
こちら、クラウンローチの大型個体。
手前のダトニオと比べてみて欲しい。30cmはあります。

手始めに。

初投稿。
テストも兼ねて、まずは自宅の魚たちの写真を。
DSC_0196.jpg

DSC_0197.jpg

DSC_0200.jpg

んー、エンゼルフィッシュはやはり、フォトジェニック。
そして、カメラ初心者にも撮影しやすいのが非常に良い(笑)。
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。