スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【魚日記】震災のときのこと。②

【魚日記】震災のときのこと②  2011年5月24日 執筆

(前回より続き)

まぁそんなわけでほとんどの魚が死んでしまって、
空っぽになった水槽が4本残った。


同時に、なんかこう大げさに言うと、自分の中身も空っぽになってしまった。

物心ついたころ(小学校あがってすぐ)からずっと、20年くらい魚を飼っていて、
中学から生物部に入ってからは、学校でも自宅でも魚を飼う生活で、
文化祭なんかで、生き物をただ飼うだけじゃなくて人様に見てもらうという、
飼育係的な、展示することの楽しさに目覚めて。
ばくぜんと、「魚が好き」=水産学部、っていうだけの意識で大学に進学して。
一人暮らしのもとでも水槽は手放せなくって。
たまたま留年したのを機に、まる1年、
小さい頃からの憧れだった水族館の飼育係という仕事を(バイトだけど)経験して。
そこからまた、学生に戻って、今度は魚が研究対象になって。


そうやってずっと一緒だったから、
魚がいない生活ってのはずいぶん不思議だった。
不思議と悲しくはなくて、ただ不思議だった。

もともと、長年魚を飼っている中で、今回みたいな地震→停電 という事態は薄々想定していたし、
そうなったら諦めるしかないだろうなと思っていた。


それと、
社会人になって、魚とも水産ともまったく関係のない世界で働き出してまる2年。
魚を飼うということが、自分にとって仕事でも研究でもなんでもないということが
はっきりしてきていた時期だった。
日々、仕事から帰ってきて無気力に水槽に餌だけ投げ込んで、
月に一回くらい思い出したように水換えをする。
そういう惰性のスパイラルに薄々嫌気がさしていた。
自分がなんで魚を飼っているのか分からないし、魚を飼うことが楽しいのかすら分からなくなっていた。
地震が起こる前から、そんなことを考えて時々悶々とする日々だった。



そんなところに地震がやってきて、熱帯魚に関してはほとんど全てが無になった。
空っぽになった水槽を眺めてもちろんショックで、受け容れがたい気持ちもあったけど、
それ以上に何かから解放されたような、重荷を下ろしたような気分でもあった。
未だに、あの時そういう感情になってしまった自分はアクアリスト失格だと思う。
けれど、当時の自分は、「俺は魚を飼うことが好きなんだ」という
見えない鎖で自分自身を縛っていたんだと思う。



狭い部屋の、水槽を置いていた空間が空になったら、そこに何を置こうか。
今まで、水槽掃除に充てていた休日の時間を、何に使おうか。
「魚を飼っていない自分」はいったい次に何を始めるのか、
そんなことを想像してみた。



そんなわけで、電気も水道も復活した自分の部屋で、
俺は空っぽになった水槽を全部処分してしまおうと決意したのです。


(続く)
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

20110506_マリンピア日本海②アオリイカ

なんとなくアオリイカ特集。


DSC_0534.jpg

DSC_0535.jpg

DSC_0536.jpg

DSC_0537.jpg

DSC_0538.jpg

DSC_0539.jpg


アオリイカ、綺麗だよなぁ。
もう少し飼いやすくて、寿命が長ければいいペットなんだけど。
(ほとんどのイカの仲間の寿命は一年)


あと、イカの「目」が好き。
人間より視力がいいとも聞く。

20110506_マリンピア日本海①ヘラチョウザメ

ゴールデンウイーク、
北陸旅行のついでに、新潟市のマリンピア日本海へ寄って来ました。


日本海らしい渋い魚もたくさんいるなかで、
なぜかヘラチョウザメから取り上げてみます。

……いいじゃん、好きなんだよ。


DSC_0416.jpg
いた。
でっかいオオチョウザメやベステルやスタージョンが泳ぎ、
親子連れやカップルが「大きいサメだねー」とか言って通り過ぎる水槽。
(ちゃんと、「チョウザメはサメではありません」って解説ボードが設置してあるのにさ。。)
そこに、2,3匹のヘラチョウザメが泳ぎ回っていた。



DSC_0421.jpg
中に一匹、空腹なのかしょっちゅ口を開ける個体がいたので、
思わずシャッターを切りまくってしまった。

好きなんです、ヘラチョウザメ。


DSC_0419.jpg
世の中に「変な魚」というのはあまたいるし、
その中のいくつかは自分も見たり、飼育に携わったことがあるけれど、
ヘラチョウザメの不思議さってのはなかなか、レベル高いものがあると思う。

プランクトン食性ってのはまぁ、理解できる。
やはり、特筆すべきはこの、なんの役に立ってるんだか分からない鼻っ面(吻)だ。
たとえば泥の中の食物を探すとかなら分かるけれど、
中層をゆらゆら泳ぐプランクトン食性の彼らに、果たしてこのような感覚器官が必要なのか。



DSC_0410.jpg
たまたま、大口を空けて真っ正面から向かってきたので、すかさずパチリ。
口の奥に見えるのは、鰓耙(鰓ぶたにある、プランクトンなど食物を漉しとる器官)だろうか。
良く分からないけど。

こうしてみると、ヘラチョウザメ、泳ぎ方といいプランクトン食性の典型のような魚だ。
ジンベエザメとか、確かに迫力はあるけどデカすぎてよく観察できないからなぁ。
淡水版・ミニウバザメって感じで、奥深い。
ウバザメは水族館で見られないもんなぁ。



DSC_0531.jpg

口閉じてるバージョン。
これでだいたい、40cmくらいの個体か。
最大で2mにもなるらしいので、まだ子供。
2mの大型個体なんて、泳いでるとこ一度でいいから見てみたいもんだ。
ってか、飼育下でそこまで育てるには、何をどれだけ食わせたらいいのか。
この水槽でもほかのチョウザメ類やアミアと泳いでいたけれど、いったい何を食べているんだろうか。


ヘラチョウザメ、たまーーに観賞用として販売もされているけど(いちおう養殖個体らしいが……?)
そんな意味で、一般人が飼おうとする魚ではないですね。

現実には、
http://q-be.ocnk.net/product/840
のように通販されているのが実態ですが。



【魚日記】震災のときのこと。①

ずっと前にmixiに友達限定で書いた日記だけど、
ふと、そろそろBLOGで公開してもいいかなと思えたので、転載してみる。


【魚日記】震災のときのこと①  2011年5月12日 執筆

3.11から二ヶ月経ちましたね。
まずは、震災・津波で亡くなられた方に、本当に心よりお悔やみ申し上げます。


人命とは比較にならないことは分かっているけれど、
この2ヶ月の、僕の魚日記を書きます。


3月11日。
地震があって、俺は出張で青森にいて、
自宅に戻ったのが深夜1時すぎ。
停電で真っ暗な中、部屋に入って、ライトなんて持ってなかったから、
携帯の灯りとライターで水槽を照らしてみて
とりあえず、水槽も割れてないし、
泳いでいる魚がちゃんといることを確認。

保温とか、何かしてやりたいと思ったけど、
暗いし床中散らかってるし、何も出来ず退散。


3月12日。
車で寝て、目覚めて、部屋に戻った。
寒い日だったなぁ。車の中で、寒さで目覚めたもん。
はっきりいって、部屋に入るまで、この時点で全滅を覚悟してた。


部屋に入って、まだ薄暗い中、水槽を覗く。
水温は15度くらいだったかな。
みんな、水槽の下のほうでじっとしてた。
テトラ(そういえばレッドファントム、買ったばかりだった。。。)とかは既に、
ひっくり返ってかろうじて動いてた。
時々、狂ったように突進する魚がいた。


正直、心が折れかけた。
何をしていいのか分からなかった。
いっそそのまま放置して逃げちゃおうかと思った。

けど、
もしかしたら、すぐに電気が戻るかもしれないし、
目の前でなんとか生きている魚たちを見たら、
やれるだけのことはしようって思った。

一番大きい鍋に水槽の水を汲んで、
キャンプ用のコンロでお湯を沸かして、水槽に戻した。
できるだけ温度が保たれるように、一番大きい水槽に魚をまとめた。
お湯のおかげで水温が23度くらいまでは上がって、魚たちが少し元気に泳ぎだした。
水槽の周りを断熱マットでぐるぐる巻きにして、祈るように部屋を後にした。


3月13日。
夕方、部屋に戻った。
部屋の空気からして冷たくて、
そっと水槽のガラスを触ったらもっと冷たくて、
水槽の中を見なくてもだいたいどうなってるかは想像がついた。
バケツを持ってきて、枯れた水草を全部入れて、
それから死んだ魚をすくっていった。

それでも、何匹か生きてるのがいて、
そいつらを小さめの水槽にまた移して、またお湯を沸かして入れた。


そのあと、夜になって電気が戻って、
コウタイ1匹と、コリドラス2匹、パキスタンローチ1匹、アジアンバンジョー2匹が生き残った。


(続く)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。