20111105_マリンピア松島③ 面白かった展示など。

特にまとまりはないのだが、
見ていて面白かった展示などを。

①ゴンズイ
いくつか並んだ小水槽群の一つ目が「毒のある魚」で、ゴンズイとフグ、アイゴあたりが展示されていて、
二つ目が「群れる魚」で、これまたゴンズイが……。
ゴンズイ、使いまわされすぎだぞ、と。

DSC_0095.jpg

②コンビクト・ブレニー(学名:Pholidichthys leucotaenia?)
唐突にこんな魚が展示されていて戸惑った。
しかも3,4匹だけ、ヒョロヒョロと。

色々調べていたら、ナショナル・ジオグラフィック誌の記事にぶち当たった。
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0506/index7.shtml
生態的にも分類的にも謎の多い魚のようで、
さらっと流してしまうにはもったいない魚だな、こりゃ。

DSC_0105.jpg


③魚の体色の展示
水槽自体は単なるサンゴ礁の魚の展示なのだが、
ガラス面に青いシートが貼ってある。
シートを通して見ることで、実際に水中で魚がどんな色で見えるかを再現した、というもの。
(水中では赤い色がすぐに吸収され深くまで届かないので、赤い魚は黒っぽく見える)。
写真に写っているアカマツカサを見れば、なるほど、という感じ。

こういう、簡単なひと工夫で何の変哲もない生物や水槽を面白く見せる展示というのは、好みです。
特に、マリンピア松島のような(失礼!)決して大きくはない水族館で、そんな展示を見かけると。

大きな水槽を導入して、大がかりな仕掛けを作って、珍しい生物を展示して、というのは、
ある意味、お金さえかければ出来てしまうので。

あとは、せっかくトゲチョウチョウウオやハタタテダイを入れるならば、
「サンゴ礁の魚がなぜ、派手な体色なのか?」という説明もあれば、なお面白いな、と思った。

DSC_0169.jpg



なんか、今回の記事、ちょっと上から目線ですみません。。。
マリンピア松島編、あと熱帯魚関係の記事を2つ3つ書いて、終わりって事で・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる