2012.01.27_葛西臨海水族園 2/23は富士山の日ということでフジツボの写真を。

だいぶ前になってしまうけれど、久々に遊びに行った葛西臨海水族園。


昔から、葛西はマニアックな水族館という印象なのだけど、
その中でも「チリ沿岸」の水槽がすごくて、
基本的にフジツボしかいないという…。
(正確にはほかに、イガイの仲間と、ホースフィッシュという魚がいる。)

世界でいちばん大きい、「ピコロコ(学名:Austromegabalanus psittacus)」
というフジツボだそうです。

DSC_0255.jpg


ぱっと見はまるで貝殻の山にしか見えないけれど、
よく見ると生きたフジツボだということが分かる。

DSC_0256.jpg


じーっと見てると、出た!!
毛みたいな手みたいなのが出た!!!

この「毛」は、曼脚といいまして、
水中のプランクトンを濾しとって食べるんですね。
れっきとした動物、それもエビやカニに近い甲殻類。

DSC_0257.jpg

大きさは5~10cmもあり、現地では食用になっているとか。
日本でも一部の地域ではフジツボを食べるというけれど、
これだけデカいと食べ応えもありそうで、食べてみたいなぁ…。

スポンサーサイト
プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる