20150627_仙台うみの杜水族館 プレミアムプレビュー ④水族館を独り占めする方法

7月1日にオープンしたばかりの、仙台うみの杜水族館。
夏休みシーズンに入ったこともあり、毎日混雑が続いているようですね。


僕が観に行ったのは正式オープン前のプレミアム・プレビュー。
2日間で1万人の人数限定とはいえ、やはり大盛況。

そんな中でも少しでも人ごみを避けて、
水槽をじっくり観たい、腰を据えて写真を撮りたい、
というのが、マニアというもの。

今回は出来たばかりの水族館だったので、
館内の雰囲気が伝わる写真が撮りたい、という謎の使命感もあり(笑)。


実際、当日に何枚か、他に誰もいない中で館内の写真を撮りました
まるで水族館を独り占めしているようで、なんとも贅沢な気分に浸っていました。
これから夏休み、少しでも混雑を避けて水族館を楽しむための
参考にもしていただければ嬉しいです。



順路を無視して、まず目指すのは館内2階、「世界のうみ」オセアニア・コーナー。

DSC_0206.jpg

DSC_0126_20150727194005e16.jpg

間接照明を上手に使っていて雰囲気がよく、
グレート・バリアリーフの色鮮やかな熱帯魚水槽もあり、
混雑を避けてゆっくり観たいコーナー。
当日も、水槽前で長居するカップルや親子連れの方がいらっしゃいました。

このコーナーは、2階に上がり屋外のイルカスタジアムからすぐなので、
もし朝の開館直後に入れるなら、入場後すぐ2階に上がれば、きっと空いているはず。

もしくは、イルカスタジアムでショーをやっている間は、そちらに人が集まるので、空いています。
(この2枚の写真も、イルカショーをやっている間に撮影しました)


お次は、「世界のうみ」アメリカ・コーナー。

DSC_0134.jpg

DSC_0139.jpg

写真には写っていないものの、大人気のイロワケイルカもいるコーナー。
イロワケイルカは、観客が少ないとリラックスして、
水槽前で手を振ると寄ってきたりします。


2枚目のアマゾン大水槽は、ガラス面の映りこみが強くて、
混雑していると綺麗な写真が撮れないので、ここも人混みを避けたいところですね。

先ほどのオセアニア・コーナーと同じく、開館直後かまたはイルカショーのタイミングを狙えば、
比較的空いているかと思います。
(この写真は、開館直後に途中の水槽には目もくれず、ひたすら前へ前へ急ぎ、
 誰もいない空間を狙いました)



DSC_0150.jpg

人気のクラゲコーナーも、シュー・スタジアムや海獣ひろばの近くにあるので、
イルカショーやペンギン散歩イベントをやっている間が空いています。
クラゲの水槽は小さいので、じっくり観たいなら混雑を避けるのが得策!



次に、メインの大水槽の楽しみ方。

DSC_0046.jpg

エントランスを抜けてすぐ、大水槽の前に出るのですが、
写真のとおり、1階部分は混んでいます。
大水槽のパノラマ感をゆっくり満喫するなら、2階のテラスに上がって見るのがオススメ

※僕は撮影用の踏み台を持参して、2階のテラスの隅っこにずっと陣取っていました。
(ヨシキリザメを探したい、という目的があったため・・・。結果的にはオープン前に死んでしまっていたけれど)


DSC_0243_201507271940250fc.jpg

2階のテラスは階段状になっていて、カーペットが敷かれて座れるようになっているので、
疲れたらここに座って、イワシの群泳をぼーーっと眺めているのも、なんとも癒されます。

そのうち、夜の水族館お泊りイベントなんかを企画するなら、
ここで寝るのがよさそうだな。と、勝手に想像。



さて、最初にすっ飛ばしてきた1階の「日本のうみ」コーナーに戻りましょう。

DSC_0157.jpg

DSC_0158.jpg

ここは、入館する人の減る夕方の時間帯を狙うのがいいかと。
エントランスから「日本のうみ」までは、ずっと一本道なので、
入場後すぐは、やたらと混んでます。
(なので、それを避けて2階の展示に先回りしたのですね)


世界のうみの水槽と比べると地味な展示ではありますが、
東北の海を巧みに再現した、手の込んだ水槽が並ぶので、
ひととおり館内を一周したあとに、落ち着いてじっくり観察すると、
きっと新しい発見があるコーナーです。


うみの杜水族館、館内はそれほど広くないので、
ぜひ2周、3周してじっくり楽しんで欲しい水族館です。



最後に、エントランス。
この字幕が撮りたくて、閉館間際、
水族館を去る直前に撮りに行きました(笑)

DSC_0151_20150727201607707.jpg


※決められた順路を無視することを推奨するような内容になってしまいましたが、
 館内の混乱を避けるため、水族館の係員さんの支持があれば、従いましょう・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる