【アクアなD.I.Y.】オールガラス水槽のフランジ製作

ここ10年くらいで一気に普及した感のある、オールガラス水槽(フレームレス水槽)。
プラスチックの枠が無いので透明感のある見た目がスッキリして、
インテリアにも良いですよね。

けれど、一方で難点を挙げるとすれば、水槽上部の縁が無いことで
・水槽の蓋を設置しづらい
・地震等の際に水ハネがひどい
ということが挙げられると思います。

DSC_4303.jpg

僕が買った水槽にはいちおう、こんな蓋置き用の器具が付属していたものの…。
5mm幅くらいなので、うっかり油断するとガラス蓋が落ちる…。

「水槽の水が跳ねる」については、2011年の東日本大震災の余震のときに実感しました。
昔ながらのプラ枠ありの水槽は、枠部分が「かえし」になってくれたのに、
遮るもののないオールガラス水槽は波打った水がダイレクトに部屋中へ。。。

色々対策を考えてみたものの、市販の器具でしっくりくるものが見当たらず。
ならば!自作してみようか!と思ったのです。

(水槽の内寸ぴったりにプラ板か何かを貼り合せてやればいいのではないか)
(せっかくならその上にガラス蓋を置けるようにすればいいな)
(透明感を出来るだけ損なわないように、透明な素材がいいかな)
(接着剤は水気に強いものにしないとな)

そんなことで、フランジの材料にはアクリル板をセレクト。
調べたところ、アクリル板を必要な寸法に加工・販売してくれるメーカーを見つけました。
水槽の内寸を測り、簡単な設計図を書いてみて、ネットで注文します。

その他に用意したのは以下の材料・道具。

DSC_4299.jpg

・アクリル板(3cm×5cm×4つ):土台用。水槽の4隅に接着します。
・アクリル板(細長いもの):フランジ部分。上記、土台部分の上に設置します。
・油性ペン(接着場所の印をつけるため)
・金ヤスリ(アクリル板の面取り用)
・接着剤
(マスキングテープは用意しましたが、使いませんでした)

接着剤については、耐水性、接着力、水質への影響を考慮してかなり悩みました。
結果、セメダイン社製「ハイスーパー5」を使ってみました。
A液とB液、2液を混ぜて使うタイプ。
硬化時間5分(モタモタすることを考慮し、瞬間接着はリスキーと判断)、
耐水性◎、乾燥後は透明になる、ってあたりが採用理由。
ただ、具体的な毒性は書いていませんが、「生き物を飼育する容器には使用不可」
とあります。しっかり乾燥させて、水に直接浸からないようにすれば平気かな。。。

本当は、ガラス製品と樹脂製品(アクリル)って接着の相性悪いんですよね。
なかなかベストと思える接着剤が見つけられませんでした。
(※補足:後日、水槽補修用のシリコンを使用したところ、結果良好でした)

DSC_4310.jpg

アクリル板の組み方は、こんな感じ。
4隅に、土台となる3cm×5cmのアクリル板が隠れてます。
1辺(写真左側)だけ細い(1cm幅)なのは…あとでネタばらししますね!

この写真では判りにくいですが(というより加工前ですが)、
水槽の角部分にはシリコンのでっぱりが元々あることに気付き、
角に当たる部分を金ヤスリで削り、面取りをしています。
(上記「アクリ屋」さんで、ネット注文時に面取り加工を頼むこともできます)

何度かイメトレを重ね…いざ、接着!

DSC_4308.jpg

A液とB液を、プラ板の上に適量出します。

DSC_4309.jpg

付属のヘラで混ぜます。
けっこう匂いがするので、換気はしっかりと。

DSC_4307.jpg

接着面をあらかじめ決めておき、水槽の外側に油性ペンで印をつけておきます。
今回は、上から3cmのところにフランジが来るように位置決めしました。
水平が狂わないように、できるだけ正確に測定・マーキングします。

DSC_4311.jpg

接着!
まずは4隅の土台部分を接着。自重でけっこうズレるので、硬化が始まる5分間くらい
指でしっかり押さえておきます。
面取りしたおかげで、角のシリコン部分も干渉せず。
完全に固定されるまで約1日かかるようですので、フランジ部分の接着は翌日にしました。


完成後の写真がこちら↓↓↓

DSC_4314.jpg

フランジ部分まで接着し、水を張ったところです。
ガラス蓋を置いても壊れることなく、とりあえず強度はあるようです。
(※水分のせいか、やはりガラスとアクリルの相性が悪いのか、半年ほどで
  徐々に接着部が剥がれてきてしまいました。試行錯誤の末、水槽補修用の
  シリコンがいまのところ、結果良好のようです)

そして、1辺だけフランジ幅を細くしていたのはご覧の通り、
外掛けフィルターを設置するためだったんです。
サイズぴったりで、とても気に入っています。

コツさえつかめばそれほど手間もかかりませんし、
地震対策としても効果的だと思います。
(震度4程度の地震は何度かありましたが、多少揺れても、ほとんど水が跳ねません)
アクリルを使えば見た目もそれほど損ないませんので、興味のある方はお試しを☆



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる