20120407_なかがわ水遊園②アマゾン大水槽・謎カラシンたち

日淡コーナーを過ぎると、いよいよメイン?のアマゾン大水槽。

この大水槽、基本的には1つの大きな水槽を、ネットでざっくり2つに仕切り、
大型魚と小型魚を分けているような構造になっている。
順路通り進むと、まずはトンネル状の通路から、大型魚が泳ぐのを見上げるように眺めることになる。


入ってまず目に飛び込んでくるのは、
1.5m~2m近くあるようなピラルクー、レッドテールキャット、シルバーアロワナ、淡水エイ等々…。
トンネル水槽ということもあり、頭の上すれすれを間近に泳ぐ迫力に圧倒されるけれど、
ここのアマゾン水槽の面白さはそれだけではない。


ひとしきり興奮が醒めてきて、落ち着いてもう一度じっくり水槽を眺めてみる。
ゆったりと泳ぐシルバーアロワナを追い越すように、黄金色のドラードが泳いでくる。
その後ろを、2,3匹の群れを作ってピラプタンガ(シルバードラード)が泳いでいる。
エイ(ポルカドット・スティングレイ)の向こうには、これまた金色に輝くピライーバが悠然と泳いでいる。

仕切られた向こう側から、ネットの網目をくぐって小型魚が行き来している。
グッピーやキャリスタス(サーペ)などは、小さすぎて餌とも見なされていないようだ。
ところどころ、水底に流木の山があり、セベラムが隠れている。
小さい個体もいるので、恐らく水槽内で勝手に殖えているのだろう。
ピラルクーが近づくと、慌てて流木の陰に身を潜める。
その流木の奥にはプレコが棲みついている。
よくいるセルフィンプレコだけでなく、巨大なガリバープレコなんかもいる。
胸鰭のトゲトゲは、カッコイイを通り越して凶悪ですらある。

またピラルクーがこちらに向かって泳いできた。
ガラス越しの人間の姿が見えているのかいないのか、
全く物怖じすることなく、ガラスにぶつかる寸前まで近づいてくる。
鱗の1枚1枚まではっきりと観察できるくらいだ。
ピラルクーが通り過ぎた後を、迷い込んだピンクテール・カラシンが数匹、ヒョコヒョコと泳ぎ去っていく…。



そんな大水槽、まるでアマゾン川を潜っているような錯覚すら覚え、
本当に飽きることなくずっと眺めてしまった(写真も撮っていなかった)。
とにかく種類数が多く、次々に新しい魚が泳いでくるので、アクアリストにとっては極楽のような水槽。


大型魚の泳ぐトンネル水槽を過ぎ、ピラニア、カンディルなどが泳ぐ小水槽を過ぎると、
さっきみた大水槽を反対側から見ることが出来る。
今度は、ネットで仕切られた反対側、いかつい大型魚たちは入ることの出来ない、
小型魚(といっても一般家庭では十分に大型魚)たちの楽園だ。


小窓のような水槽から中をのぞくと、こんな感じ。
エンゼルフィッシュ、カラープロキロダス、イエロー・ピンクテールカラシン…あたりは見慣れた連中だが、
レポリヌスの仲間なんかはぱっと見ただけでも明らかに数種類が混じっていて、
はっきり言って訳が分からない…。

DSC_0238.jpg
この写真のカラシンも、種名はおろか属名の見当すら、私には分からない。。

DSC_0241.jpg
これは…シルバー・ダラー?
それともぜんぜん別種?
その前にいる魚(斜め下を向いている個体)も、よくわからんなぁ。。


DSC_0237.jpg
これはたぶん、カラックスの仲間(Charax sp.)だとは思うんだけど、
種類まではちょっと…。
その下にいるのはブラックバンド・メティニスかな。
メティニスも数種類が混じっていて、一番多いのは体側にスポットの入る種類。


DSC_0242.jpg
こちらも同じカラックスなんだけど、
後ろのほうにご注目。
この水槽、ピラニア(ナッテリー)も一緒に泳いでいる。
よく、メティニスやミロソマを見て「ピラニアだ!!」って大騒ぎするお客さんがいるけど、
この水槽には実際にピラニアが入っている。
まぁ、見ている限りはほかの魚にちょっかいを出す様子は見られなかった。


この水槽を過ぎると、大水槽の上に桟橋上に通路が作られており、
今度は上から、魚たちを眺めることが出来る。
浅瀬に作られた砂地でエイたちが遊んでいたり、
アロワナが胸鰭を張って泳ぐ姿を眺められたり。
あと、カピバラがいる。


この日は体験イベントの一環で、
子供たちがシュノーケルをつけて、大水槽を泳いでいた。
…大人は参加できないらしい。。羨ましすぎるぞ、子供。


今回はやっていなかったけど、
なかがわ水遊園、定期的にアマゾンの魚の試食会もやっていて、
ピラルクーやコロソマ(タンバッキー)を食べることが出来るらしい。
つくづく、アマゾンの魚たちを満喫できる、アクアリストにとっては極上の水族館である。


次回はぜひ、試食会にありつきたいところ。
スポンサーサイト

テーマ : 水族館
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

なかがわ水遊園…φ(..)メモメモ
アクアリストにそんなに魅力的な場所があるんですね!

ブログを読んでるだけで光景が目に浮かんでくる様です。
機会があったら行ってみたいなぁ⊂(^ω^*)⊃

No title

>にょんさん

コメントありがとうございます!!

ホント、熱帯魚好きには良いですよ~。
岐阜の「アクアとと・ぎふ」は更にパラダイスですが、遠いので・・・。
栃木なら仙台からも行こうと思えば行けますからね。

ただ、ほぼ淡水魚しかいないし、規模的にはそこまで大きくないので、
イルカとかペンギンとか期待していくと期待はずれかも・・・。
アマゾン水槽をずっと眺めていられる人、ならお勧めだと思います。
プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる