20120923_アクアマリンふくしま②マングローブの住人たち

アクアマリンふくしまがすごく好き。



イルカもペンギンもいなくて、ひたすら魚で直球勝負を挑んでくる感じが好き。

博物館的というか、遊園地的ではないというか、考えさせられる・知的好奇心をくすぐられる展示が好き。

魚や水生生物だけでなく、それらを取り囲む環境をも見せようとする展示方法が好き。

なにより、スタッフの方々が「とにかく魚が好き!こいつらを観てほしいんだ!ほらほら面白いでしょう?」
って思いながら水族館を作り上げている感じが好き。



そのまま拝借するけど、公式HPに書いてある
「海の“なぜ”を“なるほど”に」というキャッチコピーがほんとそのまま表現されています。



そんなAMFのなかでも、個人的に特に秀逸だと思うのは、
「熱帯アジアの水辺」から「サンゴ礁の海」にかけての温室ブース。


歩いていると、こんな花が咲いていたりする。

DSC_0483.jpg


ジャングルを探検しているような雰囲気。
ちなみに写真には撮れていないが、熱帯アジア産のアジアアロワナ、ダトニオ、小型コイ類、ローチ類なんかが泳ぐ水槽が並んでいる。
(いる魚種もマニアックなんだな…。
“ラスボラ”アクセルロッディとか、プンティウス・ロンボオケラートゥスとか。
ここ絶対アクアリスト上がりのスタッフさんがいると思う)

DSC_0492.jpg



外から迷い込んだのか、館内で殖やしているのか、クロアゲハ(?)が吸蜜していた。

DSC_0481.jpg


そんなジャングルを抜けると、マングローブの林が広がっている。
熱帯地方の川を下って、海に出たような錯覚感。
ヒルギ類が根を張るその下を、トビハゼが跳ね、カニが歩き回っている。

DSC_0489.jpg



水槽を覗き込むと、綺麗なレモンイエローを発色したミドリフグが行ったり来たり。
このミドリフグがまた、みんな大きくてプクプク太ってるんだよね。

DSC_0490 (2)


ミナミトビハゼも、きちんと立派に成長した個体が飼われている。
(トビハゼってけっこう、ショップに入荷したばかりみたいなチビっ子が展示されてる園館が多いんだよな。。。
でも、チビっ子しかいないってことは、成長できた個体がいないってことだよな……。)

DSC_0484.jpg

トビハゼは追いかけあったり泥場で転がったり、見ていて飽きない。
アクアマリンみたいな臨場感のある水槽だと、特に見ごたえがある。
あまり客がいないのをいいことに、ずっと居座ってしまった。


自分でも昔飼った事があるけれど、飼い主にも慣れて可愛いんだよなぁ。
もう一度飼いたいけど、アクアマリンの水槽を見てしまうと、とても敵わないなぁという気になってしまう…。


このマングローブ水槽を抜けると、これまた壮観かつマニアックな水中世界が広がっているのだった…(続く)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる