チョコレート・グラミィ~バレンタイン前日につき

たまには時節ネタを・・・。



DSC_0126.jpg

チョコレート・グーラミィ。
学名:Spherichthys osphromenoides
東南アジアに分布する、小型のグーラミィの仲間。


DSC_0127.jpg

名前もズバリだし、比較的入手しやすいし、見た目も可愛いし、
バレンタイン・シーズンにはあちこちの水族館で特別展示されていたりする。
けど、この環境じゃ、ちょっと残念…。
本当はもっと濃い茶色に染まって、まさにチョコレートの名前に恥じない姿になるのだが…。



ちなみに本種、15~20年くらい前には入手も難しく、飼育も難しく、値段も高く・・・と、
まさにマニア憧れの魚だった。
(本種と、ラスボラ・カロクロマ、ベタ・マクロストマをあわせて、
「東南アジア3大飼育難魚」なんていう人も・・・)。


当時、中学~高校生でアクアリストの駆け出しだった自分にとっても、
もちろん憧れの魚。
それまで知っていた、パール・グラミィとかドワーフ・グラミィとは一線を画す渋い美しさと、
飼育面での敷居の高さから、おいそれと手が出なかった。
(値段的に無理だったというのもある)。
代わりにピグミー・グラミィ飼ったりしていたなぁ。
いま思えば全然違う魚だけど、当時は「小さいグラミィ」が欲しかったのだ。


最近では値段も下がり、輸送&キープ技術も向上して入荷状態も良くなり、
すっかりポピュラー種の仲間入りといったところか。
それでも、5年くらい前に一度だけ飼育にチャレンジしたことがあるけど、
2~3ヶ月で白点病が出て死んでしまって、やはり決して飼育の簡単な魚ではないな、
というイメージ。


いつかまた飼育したい、僕にとっては相変わらず、憧れの魚なんです。
(だから、こんな風にイロモノ的扱いを受けて展示されていると、ちょっと複雑というか…。
チョコグラ見るなら、アクアマリンふくしまの東南アジア水槽が最高に現地感のある水槽で、レベル高いです)


※この写真を撮ったのがどこの園館だかは、内緒にしておきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる