ポリプテルス・パルマス ~ Who's who??

最近飼ったポリプテルス2匹。
水槽に馴染んだところで、撮影会を実施。



① こちらが、「ポリプテルス・ローウェイ(ビュティコファリ)」の名前で購入した個体。

DSC_0153.jpg


② で、こちらが、「ポリプテルス・パルマス」の名前で購入した個体。

DSC_0152.jpg



う、うーーん。
比べてみれば「①のほうがちょっと色が濃い!!」とも言えるけれど、
個体差の範疇とも思えるし、体側のブロッチ模様とか背鰭の黒い模様とか一致する特徴も多く、
別種かどうかと言われると非常に微妙な…。

(ちなみに、①は東京で、②は仙台で、それぞれ購入。価格はだいたい同じくらい)



今回記事にした「ポリプテルス・パルマス」には少なくとも3亜種が知られている。

1)ポリプテルス・パルマス・パルマス
学  名:Polypterus palmas palmas
小離鰭数:7~9?
基亜種。
観賞魚としては、十数年前にまとまって入荷されたものの、現在はほとんど全く輸入されていないという噂。
(※小離鰭数:ポリプテルスに特徴的な「背鰭のトゲトゲ」の数のこと。分類上のキーポイントの1つとされる)



2)ポリプテルス・パルマス・ポーリィ
学  名:Polypterus palmas polli
小離鰭数:5~7
いわゆる「パルマス」。
ブリード個体が出回っているのか、比較的いつでも・安価に販売されている。
ポリプテルス飼育の入門種の1種とも言える。


3)ポリプテルス・パルマス・ビュティコファリィ
学  名:Polypterus palmas buettikoferi
小離鰭数:7~10
いわゆる「ローウェイ」。
かつては「ポリプテルス・ローウェイ(学名:Polypterus lowei)」として記載されていた。
色彩変異の幅が広く、黄色みの強い個体が美しいとされる。


(※分類および小離鰭数については、論文等を探せず、こちらのサイトを参考にしました)



改めて、2匹を並べて撮影して、見比べてみる。


DSC_0154.jpg

顔つき:よく似ている。


DSC_0155.jpg

体型:よく似ている。


よく観察すると、小離鰭数の数は両方とも8本あるように見える。
ということは……上の記載を元に考えると、2個体とも「いわゆるパルマス(ポーリー)」ではない??




ちなみに、以前「パルマス」で購入した個体がこちら。
小離鰭数が7本あるように見え、模様や体型も違って(やや寸胴に)見える。

DSC_0595.jpg



そんなわけで、今回購入した2個体は両方とも「いわゆるローウェイ」でいいのではないか?と、自分に都合よく解釈しました。
(「パルマス」より「ローウェイ」のほうが、一般的に少し高価であることが多い)


ともあれ、ショップでの販売名を鵜呑みにしてきちんと調べないで飼育していたら、

俺:「ほら、これ、ローウェイ。パルマスとは色味が違うでしょ」
客:「(・・・わかんねーよ。。。)うん、そうだね、、、」

みたいなイタいトークを繰り広げることにもなりかねず。


というのは冗談ですが、購入した魚の正体に疑問を感じたら自分で調べてみる、というのも、自己満足ながら面白いものです。
分類がメチャクチャで未記載種だらけのプレコなんかだと、訳分からないことになってしまうけれど。。。


DSC_0160.jpg

(そんなこと、どうでもいいじゃんねー。)

※ポリプテルスは基本的に温和で、こんな風に寄り添ってボーッとしていることもしばしばです。
(ただし、たまに反射的に噛み付いたりもする)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる