20101023_海遊館③エビスザメ

だいぶ更新に間があいてしまいました。。。
すっかり古い写真となってしまいましたが、エビスザメの写真をば。

DSC_0878.jpg

DSC_0862.jpg

DSC_0863.jpg

マイワシやカタクチイワシの泳ぐ「チリの岩礁地帯」に、そいつは泳いでいた。
写真で伝わるか自信はないけど、泳ぎ方は、ユラユラ、悠然といった感じ。
他のサメの泳ぎ方とは異質な雰囲気が漂っていた。
そして、尾鰭の上葉が長い。泳ぎ方と相まって、図鑑で見た古代魚の雰囲気を確かに感じる。


DSC_0859.jpg

顔のアップ。
鰓孔が7対あるのがお分かりいただけるだろうか?
(普通のサメは5対。
前の記事のジンベイザメと比べてみれば一目瞭然)。

このエビスザメ、化石種のサメと共通する特徴を持つ、原始的なサメとのこと。
確かに、鰓孔以外にも、全体的なフォルム、ヒレの特徴など、それらしい雰囲気が漂う。

DSC_0875.jpg

かろうじて収めることの出来た全身写真。
アジ、イワシなどと混泳されていたが、基本的に他の魚には無関心なようだった。
エビスザメについて後で調べたところ「性格は獰猛」とのことだったけれど……。
Wikipediaいわく
「エビスザメは群れで狩りをすることが知られている。
仲間と共同でアザラシやイルカ、他のサメなどを追い詰めて捕食する」
らしいが、本当か……?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる