2013.03.16_男鹿水族館GAO② ~ヒョウモンダコ・死への乱舞~

続いて、こちらも昔から気になっていながらなかなか観察する機会に恵まれなかった生き物、ヒョウモンダコ。



DSC_0316.jpg

ご覧の通りの、小さな可愛いタコ。
大きさは、食用のイイダコよりちょっと小さいくらい。
吸盤までミニチュアサイズで、可愛らしい。


DSC_0313.jpg

よく見ると、頭(胴部)には青い斑紋があり美しい。
しかしながら綺麗なバラには毒がある、のことわざどおり(っていうか有名な話だけど)、
このタコには猛毒がある。


毒の種類は、テトロドトキシン。いわゆるフグ毒。
敵に襲われると噛み付いて、テトロドトキシンを注入する。
人間でも、噛まれると死ぬこともあるのだとか。
元々は熱帯性の種で、日本では奄美・沖縄が主な生息地だが、
海水の高水温化に伴い、徐々に分布を北へ広げているらしい。


DSC_0317.jpg

強力な毒を持っているがゆえなのか、水槽内をまったく怯えることなく堂々と歩き回っていた。
(まぁ、単独飼育なのだが)。


DSC_0318.jpg


大きさといい、美しい体色といい、毒さえなければ飼育欲のそそられる生き物なんだけどなぁ。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる