2014.02.22_猫の日ということで。キャットフィッシュ特集。

本日、2/22は「ニャンニャンニャン」でネコの日だそうで。

魚好きとしては、ネコというとキャットフィッシュ=ナマズ なわけで、
ちょいとナマズ特集を気取ってみました。
ヒゲを生やした顔つきが、ネコっぽい、んだそうで。


ナマズ、日本にいるのは地味な魚ってイメージですが、
世界に目を転じると、淡水魚の中ではコイ目に次ぐ一大勢力を誇る大グループ。

でっかいの(3m超)からちいさいの(2cm)まで、
ビュンビュン泳ぐのから岩にへばりついてるのから、
中には集団で動物(人間ふくむ)を襲って内臓を食い荒らす、なんてホラーなやつまで、
奥が深い面白い魚たちなんです。


DSC_0616.jpg

ジャウーキャット(@東京タワー水族館)

体重ならばトップクラスの巨漢を誇るジャウー。
うーん、確かに見ようによってはネコっぽいかも?
(ふてぶてしいドラ猫風?どちらかというと大型ネコ類?)

実は俺、こいつの飼育担当を1年間やっていたことが・・・。
「胃袋から人骨が出てきた」なんて噂話も納得してしまうような、
貪欲な食欲の持ち主です。


DSC_0179.jpg

タイガー・ショベルノーズ・キャット(@アクア・トトぎふ)

もう1種、大型ナマズを。
こちらはネコというよりはウマ面ですね。
後ろにいるプラニセプスに至っては、ウマ面を通り越してシャモジみたいな顔してます。

ネコっぽいナマズという点では、同じピメロドゥス科のオレンジキャットがイチオシなんですが、
写真が無かったなぁ。



DSC_0706_20140223015321ba6.jpg

ギギ(@宍道湖自然館ゴビウス)

顔がネコっぽい、という意味ではかなり上位かも(笑)
その証拠に、ネコギギなんていう近縁種もいますしね。
適度な大きさといい、可愛さといい、日本を代表する、いいナマズ。
(性格悪いけど。)

小型ナマズの可愛さは、こうやって隠れて顔をのぞかせるチラリズムだと思うんだ。


DSC_0365.jpg

トランスルーセント・グラスキャット(@自宅、震災前)

こんなのまでナマズなの?!という驚きをいちばん感じさせてくれるのが、
本種だなぁと思うんです。
背景が透けて見えるほどの透明感!

自宅で簡単に飼育できるのも、ポイント高し!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる