2014.03.04_京急油壺マリンパーク② シャーク博覧会

そんなわけで、京急油壺マリンパークに行ってきました!
「シャーク博覧会」なるイベントをやっていた!



入り口にいきなりメガロドンの化石!

DSC_1199.jpg



館内を進むと、大小のサメを集めた展示ブースが!
(こちらに飼育されているサメはまたこんど!)
右側にあるのはシャークケージという、水中でサメを撮影するための檻。

DSC_1157.jpg



ぬおぉ!出た!ゴブリンシャーク(ミツクリザメ)!
実は標本をじっくり見るのも初めてな気がするんだけど、予想以上にでかい!
(MAX6m、これでもまだ若魚のようで。)

和名の「ミツクリザメ」は、京急油壺マリンパークに隣接する東大・三崎臨海実験所の
初代所長・箕作(みつくり)教授に献名されているのだそうです。

DSC_1152.jpg



こちらは深海ザメ「ラブカ」の標本。
これもじっくり見るのは初めてかもなぁ。
顔だけ見るとサメというより、ある種の古代魚(ポリプテルスとか)みたい。

DSC_1035.jpg


目立った展示以外にも、ふと天井に目をやると
様々な種のサメの剥製標本が。

アオザメ、生きてるのはめったに飼育されないよなぁ。

DSC_1145.jpg


トラフザメ。
剥製にすると、表情がなんとも……。

DSC_1146.jpg


京急油壺マリンパーク、近隣にえのすいや八景島があったり、アクセスが悪かったり、
正直言って首都圏ではマイナーな水族館ではあるけれど、
空いている分、こういう標本展示までゆっくり眺めることが出来るのは嬉しい。
ミツクリザメの標本とか、めっちゃ観てしまった!


さて、次回は、生きたサメの写真を…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる