2017.01.02_上野動物園・ネオケラトドゥス

1年近くぶりの更新です。。。(汗)
その間に引っ越したり結婚したり海外旅行に行ったり、
色々ありました・・・。

1日で水族館3つ回ったりとか、
結婚式に水槽を持ち込もうとして怒られたりとか、
人生初めての海外水族館レポートとか、
いろいろネタはあるんですけどね。。。

とりあえず、2017年の動物園・水族館初めは
上野動物園でした。


上野動物園の、ビバリウム(爬虫類両生類館)に行きたかったんですよねぇ。
10年ぶりくらいに行きました。
相変わらずの、トロピカルな雰囲気満点な温室。

DSC_5771.jpg

1月で外はまだ寒かったので、館内に入ると暑い!
メガネとカメラのレンズが一気に曇りました。。。(笑)


ぼくのお目当ては、「オーストラリア肺魚」こと、Neoceratodus forsteri (ネオケラ)です。
上野のビバリウムには、このネオケラさんがウジャウジャいるのです!!

DSC_5781_20170409100825c3a.jpg


あ、いた。
すげぇ。。。
写真には3匹写ってますが、実際には全部で10匹以上はいたんじゃないですかね。
すげぇ。。。(このあと、水槽の前でカメラを手にしたまま、30分ほど動けず)

後からやってきたお客さんたちが水槽を一瞥して、
「なんか地味な魚」「変な魚ー!」
「コイ?」「ナマズだ!」「オオサンショウウオ?」
とか言って素通りしていきますが、そんなことすら気になりません。
ネオケラが乱舞する水景に、出るのはただため息ばかり。

あ、なんでこんな地味な魚でこんなにも大興奮しているのかというと、
この魚、熱帯魚屋にいけば、成魚サイズなら1匹30万円以上します。


分かりやすく値段で話をしちゃいましたけど、この魚に関しては
値段は副次的な要素で、そもそもこうやって飼育されていること自体が
奇跡みたいな話なんですよ。


この魚の原産地はオーストラリア東部。
メアリー川とバーネット川という2つの水系にだけ分布しているそうです。

美味かったのか、環境の変化に弱かったのか、オーストラリアが植民地化された
19世紀頃から生息数が激減、それ以来、現地では厳重に保護されてきました。
(それにしても、オーストラリアの動植物・自然保護って本当に厳重なイメージ。
 1回、現地に行ってみたいなぁ)

国際的にも、ワシントン条約の附属書IIに登録され、商業取引を厳しく規制されてきました。
熱帯魚輸入大国の日本も例外ではなく、決してペットショップや水族館で見ることの出来ない
「幻の魚」として長らく伝説的な存在になってました。

その後、時代は流れ2002年。
原産国のオーストラリアでこの魚の繁殖研究を重ねていた「ガチな人々」が
ついに養殖技術の確立に成功。
オーストラリア政府が輸出を許可した個体のみ、観賞用の輸入・販売が
認められる、ということになったのです。


ちょうど手元に、2000年発行の「古代魚を飼う(㈱マリン企画)という本があって、
ネオケラのところにはこう書いてあります。
“オーストラリア政府の手厚い保護下にあり、一般の飼育対象としては
 全く論外の域にある”

それから2年で、誰でも(お金さえ出せば)この「幻の魚」を家で飼えるようになるなんて。
2002年のことを今でも鮮明に覚えているけれど、あれは本当に衝撃としか言えなかったのです。

(正確には、それ以前からアンダーグラウンドな界隈で密輸個体が売買されてた、らしい。
 昔の上野動物園には、そんな密輸を摘発されて持ち込まれた、でっかいネオケラがいた)


そんな「幻の魚」が、上野動物園に行って入場料600円を払うだけで
ウジャウジャ泳いでいるのを、何時間でも好きなだけ眺めることができる。
まさにこれを人は「幸せ」というのです!


こんな可愛いトボケ顔で近寄って来られたら、もう、ね。

DSC_5777.jpg

その値段と大きさを考えると、僕が自分の家でネオケラを飼うことは
たぶん一生ないんだろうけど、
その代わりに上野動物園に行けば、いつでも見ることができる。


オーストラリアでネオケラの保護・研究に本気で取り組んできた人たちと、
あえて「ネオケラがウジャウジャいる水槽」なんてものを作ってくれた上野動物園の方々、
どっちも相当に「ヘンな人たち」だと思うんだけど、本当にありがとう・・・!

2016.01.11_アクアテラス錦ヶ丘②熱帯魚

前回に続きアクアテラス錦ヶ丘。

それほど大きな水槽がないということもあり、
展示されているのは、いわゆる「熱帯魚」がメインでした。

水槽にもよるものの、状態よく飼われた個体も多く、
それなりに種類も充実していて、ふだん家で飼育したり熱帯魚屋で見るような魚を
じっくり観察するには、なかなかオススメだと思いました。


DSC_1458.jpg

アフリカの淡水フグ、テトラオドン・ミウルス。
ひょっとこのような表情が可愛いです。
黄色みの強い、美しい個体。

砂によく潜るので、潜っても肌が傷つかないように細かい田砂を敷いているのも、
きちんと飼育されているなぁ、とポイント高し。


DSC_1456.jpg

歯をむき出して「あくび」の表情。


DSC_1469.jpg

こちら、熱帯魚の王道・ネオンテトラ。
水草の茂る水槽で飼育されていました。
ただ、尾びれがずいぶんボロボロに。


なぜかなと思って観察していたら、謎が解けました。
写真でお分かりいただけただろうか?

DSC_1461.jpg

ネオンテトラにピントが合っているので分かりづらいのですが、
右後方、黄色っぽい影は、小さな淡水フグの1種、アベニー・パファー。

大きさは3cmほどでとても可愛い淡水フグなのですが、
鋭い歯で他の魚のヒレを食べる習性を持っています。
なので、ネオンテトラの尾びれがボロボロだったのですね。

ヒレを食べる習性の魚は「フィン・イーター」と言ってけっこう種類がいるのですが、
その習性を考慮してあえてネオンテトラを泳がせているのか、
あるいは単純に知らなくてそうしているのか、ちょっと微妙なところですな。


2016.01.11_アクアテラス錦ヶ丘②爬虫類





DSC_1449.jpg



DSC_1437.jpg



DSC_1439.jpg

2016.01.11_アクアテラス錦ヶ丘①

仙台に最近できた水族館、といえば、仙台港の「仙台うみの杜水族館」が思い浮かぶかと思うけれど、
その裏でこっそり(?)別の水族館が仙台市内にオープンしている。

それが、錦ヶ丘のショッピングモール内にオープンした「アクアテラス錦ヶ丘」。
HP:http://aquaterrace.co.jp/

「うみの杜」のほうは八景島系列で、規模も大きくて、いわゆる「正統派」な水族館なのに対し、
「錦ヶ丘」は規模も小さく、熱帯魚が中心とのことで、事前の話ではなかなか賛否両論だった。

まぁ、自分も昔、「規模が小さくて熱帯魚中心」な水族館でバイトしてたりしたので、
どうしても判官びいきというか、こういう小ぢんまりした水族館に肩入れしてしまうのだが。
果たして、どんなところか、ドキドキしながら足を運んでみた。


DSC_1495.jpg

館内マップはこんな感じ。
タッチプール等もあるものの、大きくは
「ジャングルゾーン」と「ファンタジーゾーン」に分かれる。
「爬虫類ゾーン」も、それなりに広く、力を入れている様子。


生体の写真は次回として、まずは雰囲気が伝わる写真を何枚か。
「ファンタジーゾーン」という名前のとおり、装飾にこだわった水槽が多く、
良くも悪くも「雰囲気重視」のコンセプトを貫いている。


DSC_1472.jpg

DSC_1475.jpg

額縁を模した、絵画風の水槽が並ぶ。



DSC_1487.jpg

館内後半には、照明を効果的に使ったおおきな球形水槽が。
中にはエンゼルフィッシュが大量に飼育されている。
下の池には、ニシキゴイ。

DSC_1485.jpg

こういう水槽を見るたびに「掃除がしにくそうだなぁ」と
天邪鬼な感想を抱いてしまうヒネクレたマニアでごめんなさい。

実はこの球形水槽の対面はレストランになっていて、
水槽を眺め池の水音を聴きながら、食事ができるようになっている。
パンフレットいわく、結婚式やパーティにも対応しているとか。


昨今流行りの「生態展示」「環境型展示」という要素はあまりなく、
いわゆる「生き物好き」な人からすると物足りない・否定的な内容だろうなとも思いつつ、
元々がショッピングモールの中の水族館ということを考えると、
デートスポットや買い物の間に子どもを遊ばせたり、という目的ならば、
これはこれで悪くないのかな、とも思います。

フトアゴ始めました。

引越しやらなんやらで、すっかり更新が途切れてました。。。
ここ半年、珍しく、自分にしてはけっこういい頻度で水族館行けてたんだけどなあ。。。
写真撮りまくっては、整理する時間がなくなるという悪循環。。。


あ、それで、引越しを機にペットが増えました。
フトアゴヒゲトカゲ。

前々から飼いたいと思っていて、使っていない75cm水槽が眠っているのを引越しで発見し、
行きつけのショップで、ついに購入に踏み切ってしまった。
(アクアファーストさん、いつもいつも有難うございます!)


DSC_2085.jpg

綺麗な赤系の個体。
特に品種にはこだわっていないけれど、背中の肌感からすると
レザーバックの血も入っているのかな。

10匹くらいまとまって入荷していたのを、ずーっと横目で眺めつつ、
売れ残ったラスト1匹がいい具合に育ったところで、ここぞとばかりに購入。
常連客の成せる技である(笑)。

たまたま彼女同伴でショップに行った日だったので、
渋る相手に30分交渉しつつ、店長からもアシストされ、
フトアゴくんもよく慣れていて愛嬌をふりまき、
最後はたまたま来店した別の親子連れが「これ飼ってみたいねぇ」
と興味を示したのが焦りを誘い、ダメ押しになりました(笑)


DSC_2075.jpg

ガラス越しに大好物のコオロギを見せると、このとおり。
レオパとは違って、カメレオンのように舌を伸ばして捕食するスタイルですね。
頭がいいのか目や耳がいいのか、今ではエサのコオロギを買って帰宅するだけで
気配を察知して、そわそわしてくれます。

お迎えした当初は、ヒーターの容量が足りなくて寒くてプルプル震えたり、
食べすぎで消化不良を起こして、朝になって大量に吐き戻したりしていて、
本気で死んでしまうのではないかとオロオロうろたえたりもしましたが。。。

何十年と生物飼育を続けていても、初めて飼う生体というのは、
やっぱり分からないことだらけで、興味が尽きません。
飼おうとする生体のことをしっかり調べて、準備して、
飼育開始したらよく観察して、どう世話したらいいのかを試行錯誤する。

基本は、これに尽きるなぁと思います。


DSC_2079.jpg

DSC_2082.jpg

フトアゴは野菜も食べるのですが、ほっとくと大好物の虫エサばかり食べてしまうので、
栄養バランスを考えて「ロールキャベツ」状態にしてみたところ、、、
器用に、中に挟んだコオロギだけを食べやがった!!


DSC_2069.jpg

めっちゃドヤ顔。。。
プロフィール

R.Aruga

Author:R.Aruga
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる