“#どこかわかったら超水族館通”  「知る人ぞ知る世界」の、奥の深さ

2017年6月12日。

Twitter上に突如現れた「」というハッシュタグ。



■"祭り”の始まり。

最初にこのタグを使ったのは、私も仲良くさせてもらってる某水族館員の魚ハンターさん。

何気ない水族館写真に添えられたこのハッシュタグに反応して、

日本中の水族館ファンの方々が自慢の写真を上げまくる!

(というかすみません、口火を切って連投しまくったのは私です。。。)



■つくづく、秀逸なタグ。

それにしても、この「」というタグの面白さ。

単純に綺麗な水族館の写真だとか、マニアックな生物の写真は

いつもTwitter上で拝見していますが、それともひと味違うんですよね。


ラー油のCMみたいなこと言いますけど、

「分かりそうで分からない、だけどよく見ると分かる人には分かっちゃう写真」なんですよね。

(いや、そう考えると完全に「分からない人には絶対分からない」内輪ネタなんだけど。。)



■別にルールはないけれど。

この手のお遊びに、別に「お作法」は要らないけれど、

他の方の投稿とか、自分の投稿を眺めていると、やっぱりある程度の傾向はあるみたいです。


①「誰が見ても分かっちゃう」ではない。

日本にあまたある水族館の中にも、有名どころとマイナーどころがあるわけです。

有名どころの水族館の、超目玉展示。

下手すると、実際にその園館に行ったことがなくても写真を見れば

誰しも「あぁ、あそこだ!」って分かっちゃうような展示もあるわけです。


例えば

・葛西のマグロ水槽(ドーナツ水槽) とか

・美ら海の大水槽(ジンベエザメ) とか。

(くそ、なんで両方とも写真がないんだ!!)


こんなのもそうですよね。

(以下、無断転載を避けるため、僭越ながら自分が撮影した写真だけ紹介します。

 他の方が上げていた素晴らしい写真の数々はぜひ「

 で検索してみてください)


DSC_6714.jpg

これはもう、明らかにあのクラゲ水族館のクラゲ大水槽ですよね。


DSC_0924.jpg

シャチといえばあそことあそこと…ですよね。その中でこのプールとショーのクオリティは…?



②「さっぱりどこだか分からない」もちょっと。。

「全国どこにでもよくいる生き物」ってのが、けっこういます。

それ自体は人気の証でもあるので、なんら否定しないんですけど、

そんなメジャー級生物をアップで撮った一枚、なんてのは、

今度は特定する手がかりが無さすぎてお遊びにならないんじゃないか、なんて思います。


DSC_0991.jpg

チンアナゴといえば…すみだ水族館?京都?

いえいえ違います!


DSC_2485.jpg

ミズクラゲ!クラゲといえば!加茂水族館!?新江ノ島??

いーえ、違います!


と、こんなんじゃクイズにならないっすよね。



③「そもそも水族館じゃない」という罠。

「どこまでが水族館か」っていう問題もありますけどね。

(実際、水族館ファンの間では「どこまでを水族館として認定するか」

 っていう話で盛り上がったりします)


少なくとも自宅の水槽とかの写真を上げて「ひっかけ問題」にするのは、

反則ッスよね…。


【クイズ・我が家の水槽はドッチでSHOW?】

※「水族館と見まごうくらい綺麗な水槽」は、残念ながら我が家にはありませんでした。。。

DSC_0650.jpg


DSC_0559_201706132306264d9.jpg



■で、こんなのはどう??

実際「」祭りで上げてみたのはこんな写真です。

「そもそもそんな水族館しらねーよ!」っていうツッコミはご容赦ください^^;


DSC_2605.jpg

東南アジアの淡水エイ「ヒマンチュラ・チャオプラヤ(Himantura chaophraya)」。

たぶん国内で展示したことがあるのは2箇所だけなんで、それさえ知ってれば

だいたい分かるはずッス。

(@板橋区立 熱帯環境植物館 2014年5月)



DSC_0064_201706132316450c6.jpg

シイラ(Coryphaena hippurus)。

地味に難問だったみたいです。

シイラも、展示したことのある水族館はかなり少ないはずなのですが、

東北・日本海側の水族館が展示してた、ってのは意外なのかも…!

「水槽の青さとイサキの多さ…GAOですね!」って返信が来たときはびっくりしました。

脱帽です。マニアって怖いです(笑)

(@男鹿水族館GAO 2011年7月)



DSC_0285_2017061323281906a.jpg

えーと、水槽の表面が結露していたらこのワイパーで自分で拭くんです。

他にはなかなかない工夫だと思います(笑)

リニューアル前の、鶴岡市立加茂水族館(2013年7月)。



■「知る人ぞ知る」水族館の世界。

興味のある方はぜひ「」でTwitter検索いただければと

思います。日本中の水族館ファンの方の「とっておきの写真」だらけです。


……まぁ、「この照明の雰囲気は、、、**水族館だッ!」とか

「この底砂の感じは、、、**水族館の◎◎水槽ですねッ!」とか

もはや魚や生き物と関係ないところで盛り上がったりしてて、

うん、変態の巣窟としか言えないんですけど(←いい意味で!)。


なんてったって

DSC_4255.jpg

この写真、どこにでもいるマガキガイ(Strombus luhuanus)。

「悪い見本(特定できない)」のつもりで上げたんですけど

「これ、すみだ水族館ですよね?」ってズバリ特定されたときは、鳥肌が立ちました。。。

マニアって怖い!



でも、一見はどこも似たり寄ったりな水族館施設でも、

実はそれぞれに工夫を凝らし、それぞれの園館で特徴があるってこと、

そして、そんな水族館が日本には幾つもあるってこと、

それって素晴らしいなぁと、今回の「」祭りを通して

改めて思ったのでした。

(ついでに、そんなマニアックな話で盛り上がれる人々が、

 日本のあちこちにいるんだな、ってことも。)


【2006年6月_アクアマリンふくしま】昔の写真。

少し前に、むかし使っていたノートPC(winXP)を捨てました。

大学時代に買って、社会人になってすぐに壊れたPC。


捨てる前にダメ元で中のHDDを取り出して、HDDリーダーにUSBで直結してみたら、、、

あれ、データ生きてるでないの。古い写真が100枚ほど出てきました。


まだデジイチを手にする前で、当時使っていたのはOLYMPUSのx-200というコンデジ。

(こんなカメラです→http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0303/olympus.htm

320万画素、光学3倍ズームレンズ(35mm換算 35~105mm F3.1~5.2)。


まー、薄暗い水族館で泳ぎ回る魚を撮るには苦戦しました。

データサルベージして出てきた写真も、ブレブレの失敗写真ばかり。。

それでも思い出たっぷりで懐かしい。

写真って、綺麗に撮れればいいってもんでもないよねきっと(自己正当化)。


単なる自己満足ですが、2006年、初めてアクアマリンふくしまに行ったときの写真を。



P1010017.jpg

ポリプテルス・エンドリケリー。

アクアマリンふくしまで、今でも好きな水槽。



P1010054.jpg

暗めの水槽ではこれくらいの描写が限界かな。。

でも、いまデジイチ持って行ったら撮れてない構図かな、って気もする。



P1010028.jpg

ナベカ2匹。たぶんオスとメス、求愛行動中かな。

当時のほうが、魚の行動をよく見ていたような気がして、ちょっと悔しい。



P1010049.jpg

ミナミトビハゼ。プリプリに太ったいい個体。

あんなカメラでよくここまで寄ったなー、と、少し、自画自賛。

ヒレを広げる一瞬を、ずっと待って撮ったんだろうな。



機材的には今のほうがぜんぜん恵まれてるんだけど、

その分、観察眼だとか忍耐だとかガッツで撮ってる感じがして、

つまりは当時のほうがずっと「魚が好き」だったんじゃないかなと。


したり顔で写真撮ってるんじゃねーよと、10年前の自分に叱られたような気がしたのでした。



2017.04.23_マリンワールド 海の中道 ①大水槽・水中エレベータ

4月にリニューアルオープンしたばかりの、
福岡県「マリンワールド 海の中道」に行ってきました!

以前訪問したときよりぐっと明るく近代的な感じになり、
大水槽やスナメリ、サメ類など堪能してきたのですが、
写真の整理が間に合っておらず。。。

当ブログには珍しく、とりあえず動画を上げてお茶を濁します(笑)
水族館で動画を撮ることは少ないのですが…。


大水槽脇にエレベータがあって、ドアが開くとエレベータはガラス張り。
うわぁ、まるで本当に水中から浮上しているみたいだ…。
これは素晴らしかったです。
(※Twitterでご指摘いただいたところ、このエレベータ自体は
 旧館時代からあった、とのことです。気付かなかったなぁ。
 いずれにせよ、日本ではあまり見かけない演出ですね!)

【アクアなD.I.Y.】オールガラス水槽のフランジ製作

ここ10年くらいで一気に普及した感のある、オールガラス水槽(フレームレス水槽)。
プラスチックの枠が無いので透明感のある見た目がスッキリして、
インテリアにも良いですよね。

けれど、一方で難点を挙げるとすれば、水槽上部の縁が無いことで
・水槽の蓋を設置しづらい
・地震等の際に水ハネがひどい
ということが挙げられると思います。

DSC_4303.jpg

僕が買った水槽にはいちおう、こんな蓋置き用の器具が付属していたものの…。
5mm幅くらいなので、うっかり油断するとガラス蓋が落ちる…。

「水槽の水が跳ねる」については、2011年の東日本大震災の余震のときに実感しました。
昔ながらのプラ枠ありの水槽は、枠部分が「かえし」になってくれたのに、
遮るもののないオールガラス水槽は波打った水がダイレクトに部屋中へ。。。

色々対策を考えてみたものの、市販の器具でしっくりくるものが見当たらず。
ならば!自作してみようか!と思ったのです。

(水槽の内寸ぴったりにプラ板か何かを貼り合せてやればいいのではないか)
(せっかくならその上にガラス蓋を置けるようにすればいいな)
(透明感を出来るだけ損なわないように、透明な素材がいいかな)
(接着剤は水気に強いものにしないとな)

そんなことで、フランジの材料にはアクリル板をセレクト。
調べたところ、アクリル板を必要な寸法に加工・販売してくれるメーカーを見つけました。
水槽の内寸を測り、簡単な設計図を書いてみて、ネットで注文します。

その他に用意したのは以下の材料・道具。

DSC_4299.jpg

・アクリル板(3cm×5cm×4つ):土台用。水槽の4隅に接着します。
・アクリル板(細長いもの):フランジ部分。上記、土台部分の上に設置します。
・油性ペン(接着場所の印をつけるため)
・金ヤスリ(アクリル板の面取り用)
・接着剤
(マスキングテープは用意しましたが、使いませんでした)

接着剤については、耐水性、接着力、水質への影響を考慮してかなり悩みました。
結果、セメダイン社製「ハイスーパー5」を使ってみました。
A液とB液、2液を混ぜて使うタイプ。
硬化時間5分(モタモタすることを考慮し、瞬間接着はリスキーと判断)、
耐水性◎、乾燥後は透明になる、ってあたりが採用理由。
ただ、具体的な毒性は書いていませんが、「生き物を飼育する容器には使用不可」
とあります。しっかり乾燥させて、水に直接浸からないようにすれば平気かな。。。

本当は、ガラス製品と樹脂製品(アクリル)って接着の相性悪いんですよね。
なかなかベストと思える接着剤が見つけられませんでした。
(※補足:後日、水槽補修用のシリコンを使用したところ、結果良好でした)

DSC_4310.jpg

アクリル板の組み方は、こんな感じ。
4隅に、土台となる3cm×5cmのアクリル板が隠れてます。
1辺(写真左側)だけ細い(1cm幅)なのは…あとでネタばらししますね!

この写真では判りにくいですが(というより加工前ですが)、
水槽の角部分にはシリコンのでっぱりが元々あることに気付き、
角に当たる部分を金ヤスリで削り、面取りをしています。
(上記「アクリ屋」さんで、ネット注文時に面取り加工を頼むこともできます)

何度かイメトレを重ね…いざ、接着!

DSC_4308.jpg

A液とB液を、プラ板の上に適量出します。

DSC_4309.jpg

付属のヘラで混ぜます。
けっこう匂いがするので、換気はしっかりと。

DSC_4307.jpg

接着面をあらかじめ決めておき、水槽の外側に油性ペンで印をつけておきます。
今回は、上から3cmのところにフランジが来るように位置決めしました。
水平が狂わないように、できるだけ正確に測定・マーキングします。

DSC_4311.jpg

接着!
まずは4隅の土台部分を接着。自重でけっこうズレるので、硬化が始まる5分間くらい
指でしっかり押さえておきます。
面取りしたおかげで、角のシリコン部分も干渉せず。
完全に固定されるまで約1日かかるようですので、フランジ部分の接着は翌日にしました。


完成後の写真がこちら↓↓↓

DSC_4314.jpg

フランジ部分まで接着し、水を張ったところです。
ガラス蓋を置いても壊れることなく、とりあえず強度はあるようです。
(※水分のせいか、やはりガラスとアクリルの相性が悪いのか、半年ほどで
  徐々に接着部が剥がれてきてしまいました。試行錯誤の末、水槽補修用の
  シリコンがいまのところ、結果良好のようです)

そして、1辺だけフランジ幅を細くしていたのはご覧の通り、
外掛けフィルターを設置するためだったんです。
サイズぴったりで、とても気に入っています。

コツさえつかめばそれほど手間もかかりませんし、
地震対策としても効果的だと思います。
(震度4程度の地震は何度かありましたが、多少揺れても、ほとんど水が跳ねません)
アクリルを使えば見た目もそれほど損ないませんので、興味のある方はお試しを☆



2017.01.02_上野動物園・ビバリウム

さてさて、ネオケラもいいけれど、ここのメインはやはり爬虫類・両生類。



DSC_5798.jpg
ガイアナカイマントカゲ。寝とる。



DSC_5807.jpg
チュウゴクワニトカゲ。
怪獣っぽい顔つきが好きです。

カイマントカゲとワニトカゲ、似ているようでこうやって並べるとずいぶん違うな。


DSC_5813.jpg
チリメンナガクビガメ。
「ジーベンロックナガクビガメ」の名前でペットショップでも人気ですね。
可愛い。でかい水槽さえあれば、家で飼いたいってずっと思ってる。


DSC_5816.jpg
サビトマトガエル。
あんまり赤くない個体も多いけど、上野のは濃い赤で美しい。


DSC_5819.jpg
ベルツノガエル。


DSC_5832.jpg
カジカガエル。
日本一の「美声」カエル。鳴き声が聞きたかった。
スレンダーで、見た目も美しいカエルだと思う。


DSC_5837.jpg
種名を確認し忘れたけど、体色を灰色にしたニホンアマガエル、
でよかったかな。
プロフィール

RA's Aqua Pictures

Author:RA's Aqua Pictures
熱帯魚(特に底モノ)をこよなく愛してます。
写真(デジイチ)は目下、修行中。

魚についての話、写真の感想など、色々コメントいただけると大変嬉しいです。

ご来館者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる